asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ママを卒業する

「ママ、ママ」

と甘えた声でくっついてきていた娘が

何を思ったのか、どう思い立ったのか、

半月ほど前から私のことを

「おかあさん」

とよぶようになった。

 

はじめは淋しくて、

気がゆるんだすきに

「ママ」と娘の口からふとこぼれるたび

うひゃひゃっ、と喜んでいたのだけど、

そんなふとも

もうほぼなくなってしまった。

 

 

娘の8歳の誕生日は出社日で

早くに家をでる必要のあった私は、

ひとり先に朝ごはんをたいらげたあとに

娘を起こした。

寝室からのそのそ移動してきた娘と

小部屋からひょこひょこやってきた夫に

味噌汁をよそってから、

マスクをし、いそいそと玄関にむかった。

 

 

「わぁ。ちょっとおとうさんこれみて!

 おかあさん!!

 おにぎりもったいなくて食べれな〜い♡」

と、娘のでれでれした歓声を背中に受け、

その日の仕事の不安を蹴散らした。


f:id:asanoomusubi:20201206031305j:image

 

ママからお母さんに変わっても、

甘えた声もくっつき具合も

スキごはんへの喜びっぷりも

なんにも変わってないんだから、

ちっとも淋しがることなどないんだな。

 

 

平日を乗り越えて

数日遅れの誕生日パーティー


f:id:asanoomusubi:20201206042508j:image

 

夫が買ってきてくれたケーキを囲んで。

 

 

 

それにしても

夫はひとり、いつまで自分のことを

パパ

とよびつづけるんだか┐(´д`)┌