asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ことばをはじめたり、とめたりする。

夫とぽつぽつと

小さな会話を始めた。

 

いつまでも意地をはっているのは

あまりにもくだらないことだと

じゅうぶんすぎるくらい分かっているから、

どうにか自分の気持ちをときほぐして、

ふっと言葉を投げかけてみる。

 

「雨いつまでつづくかなぁ」

とか、

「はやかったね。仕事終わったの?」

とか。

夫は少なからず驚いたような目をし、

あぁ、とか、うん、とか

いつもの短い返事をしたあとに、

たぶん彼なりに考え抜いて

単語ではないことばをつけくわえる。

「たぶん日曜にはやむって言ってたような」

とか、

「夕方の会議がなくなってん」

とか。

 

………

 

土曜日。

 

 

娘がカレーパンを食べたがっていたので、

金曜日の夜にカレーライスをし、

あまらせものでカレーパンをつくる。

またいろんなレシピを混在させ

不思議な具合にできあがる。


f:id:asanoomusubi:20201011055904j:image

 

風呂上がり、

娘と口喧嘩をして、泣かせる。

娘がしゃくりあげながら

「ママの口は嫌なことばがとまらなくなる」

と言い、

私はハッと息をのむ。

ことばをとめ、

乱雑にiPadをひらき、

You Tubeで短い運動の動画を検索する。

やる気がわかず、きりきりとスクロールする。

泣きやんだ娘がすたすたとやってきて、

すり寄りながら、

「これは?あっ、こっちは?」

と口出ししてくる。

どれもこれも気が乗らず、

うなりながらスクロールし続けていると、

娘が私の頭頂部をおしはじめる。

 

先週おぼえたイライラにきくツボ。

 

くっくと笑いがこみあげる。

 

竹脇まりなさんの

パンチをする動画を選んで、

娘に笑われながら

数分間パンチに励んで

満足する。

 

 

21時、興味のなさそうな夫もよびつけて、

夫、娘、私の順で

3人ソファーに寝そべるように並ぶ。

ひとつのタオルケットを分け合うようにかけ、

娘の解説をききながら

鬼滅の刃をみる。

 

夫だけが途中で

いびきをかきはじめる。

 

…………

 

さて日曜日。

 

雨があがっているようで、

夫がジョギングにでていった。

 

鬼滅のあとにはドラえもんをよんで

夜ふかしした娘は、

何時に起きるだろう。

 

私は、、、

今日はキックでもやろうかなぁ。

体を動かさないと。