asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

好きなものを最後に残す

土曜日、娘が喜ぶだろうなと

ピーマンの肉詰めをつくりながら

夫も喜ぶだろうなと考えた。

前日の肉じゃがの残りをつぶして、

コロッケもつくる。

これもふたりとも喜ぶだろうなと。

案の定、娘は歓喜した。

夫は無言だけど、

そのふたつを最後までのこし

交互にゆっくり食べる様子から

喜んでいるのが見てとれる。

 

日曜日、サラダにしようと買ったごぼうの先を

少しだけ折って取って、

夫が好きな豚汁を1回分だけつくった。

娘が喜ぶから、

フライパンでジャガイモを揚げ、

竹輪も揚げた。

案の定、娘は歓喜した。

夫がさらっと

「豚汁おかわりあるん?」

ときいてきて、

「ないよ」

と答える。

いつもはル・クルーゼの鍋いっぱいに作って

おかわりし放題なんだけど。

ぽつんとする夫に娘が

「これあげよっか?」

と、自分の食べかけのお椀をさしだした。

「いやいや、いいよ」

と首をふる夫の手の中の椀には

まだ半分くらい豚汁が残っている。

夫は椀を置いて、別のものを食べはじめた。

 

月曜日、娘と夫が喜ぶだろうと

ハンバーグをつくった。

午前中にピザ生地をこねた手で、

午後には肉をこねる。

ブランチにピザ、夜にハンバーグ、

胃袋がつかれるなぁと思いながら、

丹念に丹念にこねあげる。

案の定、娘はそれはそれは歓喜した。

夫もまた、

やっぱり最後まで残してるから

喜んでいることがみてとれる。


f:id:asanoomusubi:20200922061019j:image

 

自分を喜ばせようと、

届いたばかりの新米で雑穀ごはんを炊いた。

まだ古いのが少し残っているのに。

案の定、私はうはうは喜んで、

たんまりおかわりをした。

 

 

さて4連休最終日。

今日は作り置きも兼ねて。

そろそろあっさりメニューにしたいなぁ。