asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ツナマヨのおにぎりをだす

豚もつと野菜をたんまり圧力鍋で煮た。


f:id:asanoomusubi:20200823195139j:image

娘は気に入ったようだけど、

かんじんの夫がいまいちの様子。

夫のためにもつを買ってきたのに…。

 

名前を忘れたのだけど、

八百屋さんではじめて見た

なんちゃら瓜。

買って、切って、つまんでみると、

きゅうりとメロンのあいだみたいな味がした。


f:id:asanoomusubi:20200823194716j:image

少しだけ糠床にしのばせ、

残りぜんぶを塩昆布で和えると

さっぱりと美味しかった。

なのにかんじんの娘が苦手だと言う。

きゅうりもメロンも好きなのに…。

 

かぼちゃをマッシャーで荒くつぶしただけの

荒々しいかぼちゃスープをつくると、

「このスープおいしいなぁ」

と娘がひどく喜んだ。

その直後に

「胡椒がききすぎてない?」

と夫がつぶやいた。

 

 

小松菜とえのきともやしを炒め

トースターでさくっと焼いた薄揚げを

最後に入れたそれを、

夫と娘は義務のように食べ干す。

 

塩麹につけておいた豆腐も一品として出すと、

夫は食前の薬かなにかのように

ささっと先に食べ干し、

娘は頑なに拒絶する。

 

いつもと同じごぼうサラダと

とろんとろんの温泉卵だけは、

全員がうはうはとたいらげる。

 

 

昨日の日曜日の夕ごはん。

野菜をたっぷり食べたけど

やっぱりまた気怠い。

運動不足のせいかなぁ。。。

 

 

月曜日、早朝のキッチンで、

なんちゃら瓜を糠床から取り出しかじったら、

やたら美味しくて嬉しくなった。

 

朝のおにぎりをツナマヨにすると、

娘が歓声をあげていた。

 

 

 

※追記︙なんちゃら瓜の正体は「はぐら瓜」でした。