asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

短冊をぶらさげる

裏紙を切ってつくった短冊に、

ひとり2枚ずつ願い事をかいた。


f:id:asanoomusubi:20200706055343j:image

 

夫のは、具体的で自己完結型

私に言わせたら、

いかにも夫らしく自分のことだけ。

 

私のは、抽象的でぼんやり。

夫に言わせたとしたら、

紙切れの上でもあいもかわらず意味不明。

(って感じだろう、きっと。)

 

娘のは、不自然なくらいいい子ちゃん。

私からみても、夫からみても。


f:id:asanoomusubi:20200706055401j:image

 

ちぐはぐな家族の願い事。

 

 

物騒なニュースに胸をいため怯えたり、
f:id:asanoomusubi:20200706060406j:image

親がぴりぴりするたびに、
f:id:asanoomusubi:20200706060416j:image

子どもは一生懸命

いい子ちゃんになろうとする。


f:id:asanoomusubi:20200706123835j:image

 

娘はふだん

うんざりするくらいわがままで、

げんなりするくらいだらしなく、

ぐったりするくらいさわがしく、

いい子とは言いがたい。

 

なのにちょくちょく

いい子ちゃんを演じ始める。

 

私はビクッとする。

 

 

今の娘と同じ年の頃の私は

たぶんふだんから

ずいぶんいい子ちゃんだった。

爆発したのはいつだったか。

その後、二度といい子には

もどれなかったなぁ。。。