asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

くたびれた手に呆然とする

土曜日に娘とつくったクッキーが

いまいちおいしくなくて

おどろいた。

 

翌日の日曜日に

余ったそれをつまんでみると、

やっぱりいまいちおいしくなくて

改めておどろきなおす。

 

f:id:asanoomusubi:20200607134833j:image

手作りクッキーがいまいちって

どういうことだろう。

 

 

自分の手をみて、

呆然としている。

 

むかしからアトピーやらで荒れていたので、

荒れているのが当たり前すぎて

ちっとも気がつかなかったけど、

近ごろよくよく見てみると、

荒れている、というよりも、

なんだかずいぶんくたびれている。

「老い」という言葉が頭をよぎる。

それにしても、

年相応をとびこえているような。

 

公園で顔見知りになった子どもたちが、

ふいに私の手をさして、

「どうしてそんなに青い線がみえるの?」

と叫んだ。

横にいた娘がおどろいた顔で

まじまじと私の手をのぞきこむ。

「血管よ、なんでだろね」

と言うと、

子どもたちは興味深そうに近づいてくる。

「こらこら、くるなくるな、

 ソーシャルディスタンス。

 離れたとこからうっすら見て」

と制し、手をひろげる。

くたびれた荒れた手に、

手首までつづく青い線。

「うーっすら見てね、荒れ荒れだから」

と念を押すと、

近くにいたまた別の男の子が

「働きものの手だよねー」

と言った。

娘がマスクの下でニカッと笑う気配がした。

 

本当のところ私の手は、

見ためほどには

働いてこなかったと思う。

 

 

昨日の夕ごはんのメイン、

f:id:asanoomusubi:20200607181538j:image

決めては葉月さん (id:s-kumakuma) のブログの

海苔チキンスティックなのだけど、

最近の晩ごはん - 葉月日記

 

海苔を巻くのが面倒で省略。

いつもそう、

なぜかもうひと手間がかけられない。

きちんと最後まで働かない怠け者の手。

 

怠けてたってちゃんと年を重ねて、

しっかりくたびれるんだなぁ。。。