asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

考える方法を考える

身に覚えがないのだけど、

昨日から右の手首がへんに痛い。

 

洗い物をしながら異変を感じ、

髪を洗いながら

これはちょっと嫌な気配がするぞ

と、身構える。

娘が赤ちゃんの頃の

痛い記憶が脳裏をよぎる。

腱鞘炎になり、

育児や家事はもちろんのこと

茶碗をもつにも歯を磨くにも

長らくずいぶん苦労した。

 

この痛みは、

あの前兆に似ているような。

やばい、どうにかしないと。

 

はて、でも、どうすればいいのか。

それに、やっぱりどう考えたって

まったくもって身に覚えがないのだった。

 

 

身に覚えがあるのだけど、

この2ヶ月ほど

左の足の小指が痛い。

義父の葬儀の前日に

あわてて駅前で購入した黒のパンプスで

靴ずれになったのだ。

私の足はおかしな形をしているようで、

たいていの靴が合わない。

それにしても、

2ヶ月以上前に

ほんの数時間はいただけなのに、

いまだにじんじん痛み続けているなんて。

 

はて、どうすればいいのか。

身に覚えがあったって

改善策はどうも分からないのだった。

 

 

昨日、WEB会議越しに

上司に叱咤された。

分からないのは甘えだ、と。

分からないのは逃げているだけだ、と。

考えて、考えて、考えろ、と。

 

考えて、考えて、考えても、

頭はおろか

心まですっかすかになる一方なのだった。

 

はて、考えるって

どうすればいいのだろう。

考える方法を

ずっとずっと考えている。