asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

むしゃくしゃしながらナンをこねる

朝おきたら、

むしゃくしゃしていた。

 

寝直す気分にもなれず、

のそのそと起き上がり、

いつもどおりうがいをして白湯をのむ。

むしゃくしゃはとれない。

 

 

娘がナンを食べたいと言う。

ナンにカレーをつけて食べたいのだと。

 

そうめんかうどんがいいわ、

なんて口にすると

「じゃあ、ママだけそうしたらいいやん」

と、娘はしゃあしゃあと言う。

 

私の場合べつに

そうめんを1人分茹でることが

とりわけ面倒なわけではない。

それよりも、

夫と娘だけ目の前で

こてこてしたもんを食べてたら

羨ましくなって手が伸びてしまう、

どうしたって目移りしてしまうのだ。

胃袋ひとつじゃたりやしないし、

食費だってかさむじゃないか。

 

 

仕方がないので、

ナンの生地をこねくりまわし、

カレーをつくる。


f:id:asanoomusubi:20200510134440j:image

 

味見をしているうちに

あら不思議、

カレーとナンの気分にかわってゆく。

 

 

雨上がりの日曜日、

お昼ごはんにナンとカレーを頰張りながら、

むしゃくしゃが

少し和らいでいることに安堵する。