asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

かみあわなくとも愛おしむ

外から帰ってきたら

すぐに手を洗ってくれない?

スマホさわる前に。

その引き出しあける前に。

 

夫に言うと、

は?なんで?

と、不機嫌な声が返ってきた。

 

「ウイルスがこわいからに決まってるやん」

と、夫の不機嫌な態度に

怒りをこめて冷たく言い返すと、

夫は舌打ちをしたあと、

スマホをおき、

引き出しから出した下着をもって

浴室へと消えて行った。

 

ずっと前から

夫と私はかみあわない。

結婚当初から

かみあわない。

もしかすると、

出会ってからずっと

かみあったことなどないのかもしれない。

 

テレワーク開始から約1ヶ月、

かみあわない夫と新しい地で、

四六時中一緒に暮らす毎日。

 

不機嫌をとばし合い、

いがみ合い、

それでも必ず

1日3度同じテーブルをかこみ、

娘をとおして笑い合う。

 

 

単身赴任中の兄は

ひとり暮らしの赴任先でテレワークになり、

そのままゴールデンウィークに突入。

大きな移動を避けるため

家族のもとには帰ることもできず、

ずっとひとりで過ごすそうな。

息子たちにめろめろの兄と

お父さんっ子の甥っ子たち、

いつもきりきり息子たちに苛立ちながらも

根は優しく逞しい義姉。

べつべつに過ごすのは

淋しいだろうな。

家族みんなで過ごせる私たちは

とても恵まれている。

 

 

 

晴天の土曜日。

我が家のゴールデンウィークのスタート。


f:id:asanoomusubi:20200502070723j:image

休日だけど朝ごはんがおにぎりと味噌汁なのは、

お昼ごはんにピザをつくるから。

 

久しぶりのピザに

娘は目をきらきらさせている。

そして夫もまた

顔には出さずとも

腹の中で楽しみにしていることを

私は知っている。たぶん。

昨日ポストにはいっていたピザ屋のチラシを

じーっと眺めていたから。

 

 

かみあわない夫の転勤に

ついて行くと決めたのは娘だったけど、

遠回しに娘にこたえを促したのは私だった。

そしてやってきたこの地での新しい暮らし、

家族で過ごせるこの贅沢な今を

私は心から愛しんでいる。

 

ありがたい。

 

たとえ、かみあわなくたって。