asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

母から妻から嫁になる

義父の死亡に伴う手続きをしに、

昨日、義母と町の役場に行った。

ひとつの書類をだすごとに

担当者がいれかわり、

義母はその度に

名前と住所、同じことを何度もかく。

 

義父と義母のマイナンバーカードを

誇らしげにふりかざしてみたものの、

しれっと流された。

そうか、マイナンバーカードは

いろんな処理がさくっとできちゃう

魔法のカードじゃなかったわね^^;

 

お義父さんがいなくなってしまった今も、

義実家はにぎやかだ。

娘はいとこたちとはしゃぎまくり、

お茶がわりにジュースをのみ、

ことあるごとに甘いお菓子に手をのばす。

楽しくてたまらない様子で、

私のことなど

もはや目に入ってはいない。

 

ソファーでうたた寝をする夫を見て、

義母や義妹は

「つかれてるのね」

と、いつもの帰省時と変わらない

労りの言葉をむける。

 

帰省のたびに感じる。

 

ここで私は、

母でもない妻でもない、

嫁になる。

 

お嫁さん、お嫁さん

とご近所のおばちゃんも

美味しいものをどんどんもってきてくれるので、

娘だけじゃなく

私のおなかも常にぱんぱんだ。

 

 

明日の朝の飛行機で、

義実家から

ダンボール山積みの新居に舞い戻る。

 

窓を開け放って

雪でびちょびちょだったダンボールの山に

空気を送りこもう。

荷解きの前に、

今度は自分たちの住み始める役所と

転校先の学校に行かなくては。。。

 

そうこうしているうちにまた、

母となり妻となり、

やがて私にもどるのだろう。