asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

夫がかけつける

早朝5時前に夫が家をでた。

始発の電車にのり、新幹線にのり、

義父の入院先にたどりつくのは10時頃。

 

大腸がんと闘う義父の調子がわるく、

お義母さんからよびだされ

夫がとんで帰るのは今月2回目。

 

前回看護師さんから状況をきいてきて、

もうあと1年くらいかもな

と話していた夫が、

今回は先に駆けつけた弟さんからの電話をうけ、

もうダメかもな

と言った。

 

昨夜、娘は何度も義父の様子をきいていた。

 

ごはんは食べれるの?

とか

食べれなかったらたいへんやん

とか

目はあけてるの?

とか

おしゃべりもできないの?

とか

がんって生きてるの?

とか

がんってなくならないの?

とか。。。

 

 

3連休最終日の今日は

お天気がくずれるようで、

がっかりする。

気持ちを強く保つのに

お日さまの力は絶大なのに。

 

とはいえ、

今日こそはスピードあげて、

無心になって、

荷作り、荷作り。。。