asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

最後の休日に別れを惜しむ

娘が木曜日に学童で

明日うちにあそびにきてね、

と友だちから言われたそうで、

しっかり計画を記してきた。

f:id:asanoomusubi:20200321095231j:image

 

4時に起きて、6時に出発って。。。


持ち物まで決めてきたようで。
f:id:asanoomusubi:20200321095327j:image

。。。

 

午後はべつの友だちと

母娘で公園に行く約束をしているし、

引っ越しの準備もあるし、

コロナ問題もあるなか

おうちにお邪魔するのは……

 

んんんー

って、顔をしかめると、

娘は泣き叫び始める。

 

いや、だってね

って、懸念事項をならべたてると、

娘はなおも泣き叫びながら言い返してくる。

 

さんざん怒声をあびせあったすえ、

先方のおかあさんに連絡し、

マスク着用で一緒に公園で遊ぶことに。

 

決まったとたん、

おしゃれしなきゃー

と、服を選び出す娘。

恋人に会いに行くみたい。

 

そんなこんなで昨日は、

午前中は夫につれられ

学校と学童で仲のいい友だちの待つ

少しはなれた公園へ行き、

午後は私とともに

一緒に通学してる友だちと

近所の公園へ行き、

朝から夕方まで遊びくるった娘。

 

公園は布マスクをあごにずらしてはしゃぐ

子どもたちの歓声が溢れかえってる^^;

私も気づいたら3時間も立ち話をして、

いい気分転換に^^

 

 

心ゆくまで遊んだ娘は、

夕飯のときは満ち足りた顔だったのに、

お風呂の中で

「明日も一緒に遊びたい。

 だってまた約束してきてんもん」

と、朝に遊んだ友だちの名前をだして、

わめき始めた。

 

保育園時代からのその友だちとは

いっとき距離をおきたがっていた娘だけど、

またいつからか名前をよく口にだすようになった。

やっぱり特別な存在なんだなぁ。

転校が決まったときには、

「どうしてついて行くのよ。大キライ!」

と、怒りながら泣いてくれたという友だち。

 

 

そして、今日もまた

娘は、恋人に会いに行くみたいに

髪をお気に入りのゴムでぼさぼさに結わえ、

はずんだ足取りで公園へ。

 

この3連休は、この地で過ごす最後の休日。

別れを目前に、

惜しむように、満たすように、

遊びくるう娘。

 

娘が着々と心の準備を整えているなか、

さて、荷作りを。。。