asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

娘の愛と欲望を拾い上げる

昨日は日帰り出張で、

朝はまだ娘の眠りの深い5時過ぎに家をでて、

夜帰りついたのが21時過ぎ。

予定よりも早い帰りで、

パジャマ姿の娘が奇声をあげて

迎えてくれた。

 

いつも以上に饒舌な娘の話に

手早く素早く相槌をうちながら

ぱたぱたと片付けて、

お風呂にはいって、

洗濯機をまわし、

たった1日で

やけに散らかったようにみえるリビングに

洗濯物干しをドカンとおいて

部屋干しをする。

 

夫がつけていたテレビから

きこえてくるニュースに、

思わず洗濯物をもつ手がとまる。

 

コロナで世界中が混乱してる。

 

寝室に移動しても

興奮していつまでたっても眠らない娘に

少しのあいだ絵本を読む。

電気を消してしばらくすると

花粉症で苦しそうな寝息がきこえてきた。

 

 

出張先ではイベントの運営に携わってきた。

ぎりぎりまで開催の有無の指示を待っていたけど、

最大限の注意をはらっての実施が確定。

みんなが

いそいそ、そわそわ、ばたばた、はらはら

していた。

 

 

仕事でくたくたに疲れた日はなぜか

いつもうまく眠れない。

休日はとりたてて大きく活動をしなかった日にも

夜にはうとうと瞼が重くなり

娘より早く寝てしまったりもするのに。

 

先日リビングにころがっていた

娘のミッションにも

f:id:asanoomusubi:20200226235435j:image

 

よるママがねむたかって「本よんで」といわない。

ママがねむたかったら自分がよんであげる。

って。

 

いつ書いたんだか。

拾い上げたとき、

愛おしすぎてククッと笑った。

 

娘に本を読んでもらいながら眠りにつくの、

気持ちいいんだよね。

 

 

でも、右上にかかれた数字、

ミッションをすべて達成したら

せびろうとしてる金額。

 

220円。。。(ー_ー;)