asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

雨降りの日曜日にお雛様をだす

雨降りの昨日、お雛様をだした。


f:id:asanoomusubi:20200216150959j:image

三人元女の台が空間的におけなくて、

お尻が寒そうだから折り紙かなにか敷いてあげて

と娘にお願いすると、

気が乗らなかったよう。

仕方なさそうに敷いていた。

 

昨年はまだ保育園児だった娘と一緒につくった

お雛様とお内裏様が笑っている…

 

やっとこさ出せた雛人形

仕舞う日はいつもお天気の休日をねらいます…^^

 

 

土曜日に八百屋さんでドバッと買ったごぼうは、

いっきにささがきにして、

ごぼうサラダにしたり、

炊き込みご飯にしたり、

粕汁にいれたり、

グラタンにもいれたり、

それでもまだまだあるから冷凍庫に。

 

ごぼうの下処理をしたあとは、

指や爪とのあいだに染み込んだ土が

なかなかとれない。

泥遊びをしたあとの子どもみたいな手、

石鹸でどんなに洗ってもどうにもとれない。

皮膚がカピカピしすぎているからだと思う。

洗いすぎてさらにカピカピになる。

 

家族とごはんを食べながら、

誰も見てやしないのに、

ふいに自分の手が恥ずかしくなって、

「私の手ってごぼう料理をしたら

 泥遊びしたあとみたいになっちゃうんよねー」

と、言い訳みたいにこぼす。

娘はくくくっと笑い、

夫はきこえなかったかのようにだんまる。

 

ごぼうサラダを夫は

さらっと流し込むように食べ干す。

 

久しぶりの炊き込みご飯を

娘がおかわりし、

「俺も」

と夫が言ったとき、

泥の取れないカピカピの手が

ほんの少し報われた。

 

やっぱり炊き込みご飯には

ごぼうが欠かせない。