asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ことこととホワイトソースをつくる

土曜日の朝食の時間がいちばん好き

という娘が、

今朝は起きてこない。

 

「リンゴむこうか?」

と言っても首をふる。

「パンかじる?」

ときくと

「あとで」

とこたえる。

 

仕方がないから気まずいけど、

夫とふたりでの朝食。

 

節分の日の恵方巻

結局すぐに娘が笑って喋りはじめて、

ぺちゃくちゃにぎやかに食べたというのに。

 夫とふたりなら

朝飯を黙って食べ干すなんて

朝飯前なんだなぁ。

 

朝食後、寝室を覗きに行くと、

娘はまるまって眠りこくっていた。

 

インフルエンザB型による発熱から5日、

すっかり元気になったと思っていたけど、

やっぱりまだ波があって

本調子ではない様子。

 

娘が起きてこない休日の朝。 

ホワイトソースをつくろう

と思いたった。

 

ことことことこと弱火で

ゆっくり混ぜつづけてつくるホワイトソース。

 

食欲が不安定な今日の娘には

もしかすると食べられないかもしれない。

それでも今、私のためにつくりたい。

つくることを楽しみたい。

追い立てられてする作り置きじゃなく、

作ることを味わいたい。

 

実は今までホワイトソースをつくるときは

小麦粉はふるわずに入れていた(^^;

ダマになるのが嫌だから

玉ねぎを炒めたうえで作っていた。

計量もしたことがない。

 

今日は、ちゃんと粉をふるって、

シンプルに粉とバターから。

 

ゆっくりゆっくり混ぜ続ける。

 

酒粕を入れてみたいのをグッとこらえて、

今日は塩だけを入れる。

 

味見をする。

 

美味しくて、美味しくて、

やっぱり味見がとまらなくなる。


f:id:asanoomusubi:20200208085535j:image

 

 

 

 

 

図書館で借りていた本を返却するまえに

心にとまったページをぱらぱらさぐりあてて、

もういちど読み返す。

 

ココロには気持ちの山谷があるでしょ、訳も分からず悲しくなったり、いきなり理由もなくはしゃぎたくなったり。気持ちというより気分だね、ヒトってけっこう気分に左右されるんだよ。移り気ってコトバがあるけど、気分は天気と同じで晴れたり曇ったり嵐になったりする。いつも穏やかな気分でいられれば、それこそ幸せってもんだと思うけど。

  (幸せについて  谷川俊太郎

      

 昨日の朝はむしゃくしゃしていたのに、

今朝はやけに穏やかな気分だな。

 娘が寝込んでいるというのに…