asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

意地悪につまずく

迎えの席の同僚たちが

はなれた営業所にいる同僚のことを

小馬鹿にした感じで

くっくくっくと笑っていた。

朝から夕方までことあるごとに

顔を見合わせてはくっくくっくと

意地悪な笑い声をもらしているもんだから、

「まるでいじめやな」

と言い放つ。

「いやいやいや、だってな……」

と言い訳のように解説をする彼ら。

数分後には携帯を手に

小馬鹿にしつづけている彼と愛想のよい声で話し、

携帯をおいてからまた

くっくくっくと笑い出す。

 

「まったく。陰険やねんから」

と言うと、

彼らはくっくくっくと笑うのはやめ、

ニヤニヤニヤッと顔だけで笑った。

 

悪意も敵意もきっとない。

だけど意地悪。

誰かを小馬鹿にする心は

意地悪で満ち満ちている。

 

いじめは許されないことを知っている

大人の世界にも

意地悪はごろごろしている。

 

 

私の心にもまた

意地悪はごろごろしていて、

私はそいつによくつまずく。

すっ転んで、痛くて、泣きたくなる。