asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

大そうじに巻き込む

昨日の朝、顔を洗いに洗面所に行くと、

お風呂のドアが

湯船の中にささってた。


f:id:asanoomusubi:20191215050556j:image

 

金曜の夜、1週間を乗り切った勢いで、

えいやっ!

と外して漬けたのだった。

 

やれやれ。

平日の私は休日の私にきびしい(ーー;)

 

 

年末だから大掃除を

ってムリに気合をいれる必要はないと思う。

年が明けたって

ありがたいやら悲しいやら

掃除は逃げていかない。

だから、自分がやれるときに、

やれるペースで、やれる分だけ、

自分が心地よく思えるように

整えていけばいいのだ。

 

それでも私の場合は、

「年末の大そうじが終わらなったら

 帰省できないからね」

と、夫と娘をおどしながら巻き込むために、

やっぱりなんとなく

大そうじっぽいことに取り組む。

 

娘と夫にもとりあえず

雑巾と化したかつての娘の服をにぎらす。

 

ちっともピカピカにはならないし、

いっこうに終わらないし、

気づけば夫は姿をくらましているし、

娘は折り紙をひろげはじめているのだけど。

 

そうじの前に夫に検索させて

3人でくす玉をひとつつくった。

 

夜には4つに増えていた。


f:id:asanoomusubi:20191215053102j:image