asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

夫と罵り合う

金曜の夜、夫と罵りあった。

(ただの喧嘩、ともいう……)

 

互いの発言を否定し、

互いの価値観を嘲笑い、

互いの主張を拒絶した。

 

自分が発端ではじまった

大人たちの壮絶な罵倒の浴びせ合いに、

娘はたちまちいい子に変身し、

すみっこによけていた野菜をきれいに食べほし、

はきはきと明るく大きな声で「ごちそうさま」と、

からっぽになった皿をはこんできた。

 

「ごちそうさま。

 きなこ牛乳とくるみとレーズンください」

 

媚びるように、うかがうように、

なだめるように、なぐさめるように、

ニカッと笑って私を見あげる。

 

たぶんこういうのを虐待というのだ、

と思う。

親同士の罵り合いは、

子どもの心の奥をじわりと深く傷つける。

 

 

一緒にきなこ牛乳とくるみとレーズンを

次から次へと口に入れる。

娘が食べ終わったあとも、

まだまだ口に入れる。

いくつもいくつも。

 

 

 

翌朝、ホームベーカリーをあけると、

ちゃんとした食パンがたたずんでいた。

 

娘のつくったクリスマスツリーを横におくと、

我が家にも

クリスマスっぽい空気がまいこんできた。


f:id:asanoomusubi:20191208035921j:image