asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

すみっコぐらしの映画をみる

昨日、娘とふたり電車にのって、

すみっコぐらしの映画を観に行きました。

 

娘にとって待ちに待ったすみっコの映画。

私も娘とふたりだけでの街へのおでかけに

ひそかに心がはずんでいました。

 

電車に乗るような

ほんのちょっとだけ気合いのはいったおでかけ、

そういえば娘と2人だけではしたことがなかった。

USJや動物園も、

私より夏や年始の休暇が長い夫が

娘と2人で行くのを

ありがたくも指をくわえて見ていたのでした。

 

いつもの通勤電車とは反対方向の電車にのって、

むかしはよく行っていた街に

はじめて娘を連れてくりだすのも

ちょっと嬉しい。

 

1時間15分の映画のあいだ、

うとうとしたり、

このあとのランチに思いをはせたり、

隣りの娘の様子を観察したり。。。

娘は、ほぼ無表情。

 

すみっコたちはかわいいし、

場内からはくすくす笑い声や

ラストにはすすり泣く声もきこえてきたのですが、

私たち親子にとっては、

この日を待ちわびる時間の方が

映画以上に楽しかったかな^^;

 

映画のあと、

私の入りたいお店はことごとく断られ、

娘の選んだお店でランチをとって、

キディランドですみっコグッズを物色。

 

娘が釘付けになったのが、

 


 

 

「よっ」というと

「よっ」とこたえ、

「こんにちは」というと

「こんにちは」と返してくる

とかげのぬいぐるみ。

 

でも、もっと大きなとかげのぬいぐるみを、

娘はもっている。

なんなら、まさにそのときも

娘の背中のリュックの中に・・・( 一一)

 

同じのもってるやん、と言っても、

同じじゃない、うちのはしゃべらない、と娘。

 

「ダメだって」

というと、

「ダメだって」

と、商品棚のとかげのぬいぐるみが

真似っこ。。。

 

どうしても欲しいなら

誕生日かクリスマスまで待とう、

今日は学校でも使えるものをひとつだけ

と説得し、お箸とスプーンのセットを購入。

 

 

そのあとも、ぶらぶらぶらぶら、

買い食いしたり、買い飲みしたり・・・

楽しい一日でした。

 

 

それにしても、

しゃべるすみっコがほしいなんて、

やっぱりなんか違和感があるなぁ。

だって、映画の中のすみっコたちは

だれもひとっことも

しゃべらなかった。。。。。