asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

かんぺきなこどもをみつける

小学1年生もすっかり板についた娘、

毎晩あれやこれやと忙しそうで、

寝る前に一緒に絵本をめくる日が

少なくなってきました。

 

一昨日ひさしぶりに肩をならべて読んだのは、

図書館で私が選んで借りてきた絵本。

 

ぷぷぷっと笑うと、

本当は違うのを読んでほしかった娘も

くくくっと笑う。

 

 

娘は「かんぺきなこども」だと思う。

 

姿勢はわるいし、行儀もわるい。

食べるときはぼろぼろこぼすし、

あれが欲しいこれがしたいと

次から次へとねだってくるし、

せっかくアイロンがけした給食セットも

ぐっちゃぐちゃにランドセルに押し込む。

油性マジックで絵を描いては机を汚すし、

毎日毎日散らかし放題で、

そりゃもうイライラするのだけど。

 

それでも、

かんぺきなおとなとは程遠い

穴ボコだらけの私のことも

まっすぐに愛してくれる娘は、

優しくて、あったかくて、

どう考えたってやっぱり

かんぺきなこどもなのだ。