asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

幸せ気分で睡眠負債を返済する

幸せってのは気分なんだ と

愛読しているブログでよんで、

まさにそうだよな、と深く頷いた。

 

昨日ピクニックに行った。

テントの中でひとり寝そべって、

駆けてゆく娘と夫をぼんやりみながら、

あぁ幸せな気分だなぁ

と、しみじみ感じた。

 

幸せな気分は

幸せな眠気を誘う。

 

鞄にひそませていた本もめくらずに、

幸せにひたりながらまどろむ。

時間を気にせず、

たまっている雑事もしばし追いやって。

 

 

平日はやっぱりぐっすり眠れない。

疲れきった金曜日の夜は

またいちだんと眠れずに、

やっと休日だという土曜日の朝を

1週間の疲労をためこんだ

いちばんふらふらの体で迎える。

 

娘がぜったいピクニックに行きたい

と駄々をこねたときには

この体で?!と躊躇した。

 

でも、やっぱり来てよかったなぁ…

と、うとうとと幸せ気分を堪能する。

 

「ママー」

いつの間にかずいぶん遠くの

遊具の上に夫と並んで腰かけていた娘が、

大きく大きく手をふってくる。

 

手をふりかえして、またまどろむ。

 

ポトッと何かがおちる音がして、

パチリと目をさます。

よーく見ると、鳥の糞。

テントの上に、

テントの横につなげて敷いたレジャーシートに、

ポトッ、ポトッ…と。

 

やがて明らかな匂いを発しはじめ、

声をあげた。

「そろそろ帰るよー」

 

 

夜、お風呂上がりに

娘とおはじきで遊びながら

またうとうとする。

娘に言われるがままに手にとるのだが、

どうも数を間違っているらしく、

ちがうってば、と笑われる。

もうダメ、目をあけていられない!

夫にバトンタッチして、

ソファーに寝そべる。

横で、娘と夫がおはじきをカチカチいわせている。

 

なんて幸せな気分なんだろう。

 

しばしその贅沢を堪能したあと、

コンタクトをはずし、

ひとり先に寝室に行く。

 

夜9時すぎ。

眠くて、眠くて、眠くて。。。

 

リビングからは、きゃっきゃ笑う娘の声。

 

そのまま、朝までぐっすり眠る。

 

まとめ寝は意味がないってきくけれど、

睡眠負債ってのは

それなりには返済できる気がしている。

 

すっきり目覚めた日曜日の朝、

f:id:asanoomusubi:20190915070006j:image

ホームベーカリーからでてきた食パンが、

朝日をあびて、きらきらしている。

やっぱりところどころ、ぽこぽこしている。

 

なんて幸せな気分なんだろう(*^^*)