asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ソーセージに愛を注入する

「どうせ楽しくなくたって

 楽しいって言わんとあかんねんから」

 

昨夜8時半、

とどめの言葉を叫んだあと、

娘がベランダにとびだした。

 

キッチン横の扉から、

おいでおいで

と、娘をよびもどす。

 

おいでおいで、背中においで

と、特別に背中をさしだすと、

娘はようやく口元をゆるめ、

のしかかってきた。

 

小学1年生の娘をおぶって、

晩ごはんのあとのキッチンの片付けをする。

 

運動不足のなまりきった体に

なかなか効く^^

 

 

だれも分かってくれない

と、娘は言った。

だれも自分のことを考えてくれない

と。

 

 

毎日あなたのお弁当のことばかり

考えてはいるんだけど。


f:id:asanoomusubi:20190821061244j:image

 

いつもほとんどおんなじだけどね^^;

 

今日の学童弁当は、

長いソーセージに

愛を注入する。