asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

いちばんやりたかったことを知る

休みの日にやりたいこと、やるべきこと、

わんさかあるはずなのに、

どうにもこうにも手がつけられない。

 

ちっとも疲れのとれなかった土曜日。

日曜日の昨日は体が動かなくて。

 

パジャマのまま朝食をとったあと、

パジャマのまま軽く掃除をし、

パジャマのまま作りおきをし、

パジャマのままお昼ごはんをつくり、

パジャマのまま食べた。

娘と夫がプールに行くというので

パジャマのまま準備を手伝い、

パジャマのまま見送った。

パジャマのままキッチンを片付け、

パジャマのまま

胡桃とレーズンをむさぼった。

 

そして、しーんとしたリビングで

ソファーにねっころがる。

 

ひとり時間。

自由時間。

満喫しなければ!!

 

やるべきことはまずおいといて、

やりたいこと、

やりたかったこと、

今のうちに、今のうちに…………

と、気がついたらまどろんでいた。

 

浅い眠りから覚めて、

パジャマのまま洗濯物を取り入れ、

パジャマのまま米を研ぐ。

 

そして、

本とスマホをもって

またソファーに倒れ込む。

さて、と本の表紙をめくったところで、

玄関の扉があく音がして、

数時間でこんがり焼けてきた娘が

興奮気味に駆けこんでくる。

 

あれまぁ、

けっきょくなんにもできなかった。

なにやってんだか。

 

夕方、ようやくパジャマをぬぎ捨て

ワンピースで娘とスーパーに行き、

鶏むね肉をたんまり買う。

 

夕ごはんにチキンカツをつくって

もりもり食べる。

 

はやめにベッドにはいって、

娘と真剣にこそばしあいをし、

げらげらのけぞって笑う。

やがて娘が眠りについたあと、

昼間読めなかった本を手にとる。

が、気持ちいい睡魔がやってきて、

灯を消す。

 

朝までぐっすり。

 

いちばんやりたかったこと、

できたのかもしれない。