asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

わくわくする気持ちを思い出す

昨日の朝、

開きもせず積み重なっていた新聞から

金曜日の夕刊を引っこ抜き、

ベッドでまだ眠っている娘の横にすわりこみ、

家入レオのコラムを読んだ。

 

あっ、そうそうこの感覚

と、吸い込まれ、

あぁ、なるほど、こんなふうに表現するのか

と、感動し、

うん、そうなんだよね

と、共鳴し、

やがて、妙にわくわくしはじめる。

 

もやがかかったような心のうちを洗い出したような

しっくりとくる

言葉や表現に出会ったとき、

私の心ははじける。

 

そうか、こういうときに、

私はわくわくするんだった。

 

妙に高鳴る気持ちを指先にこめ、

まだ眠っている娘の足をつんつんつつくと、

娘は、んんんーっと邪魔臭そうに

寝返りをうった。

 

あまり聴いたことのなかった家入レオの曲を

スマホアプリでBGMにして、

キッチンに立つ。

 

冷凍していたホームベーカリー食パンを

トースターでこんがり焼いて、

日曜日の朝食。

f:id:asanoomusubi:20190610040824j:image

(手前の端はなかなか焼けない…)

 

たんまりたまった家事と2時間半の公園遊びに

追い立てられる

平和でにぎやかな日曜日の幕開け。