asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

じんわりと娘をおもう

いつも自分のことばかり考えている私だけど、

いつだって娘が愛おしくてたまらない。

 

笑っているとき

はしゃいでいるときはもちろん。

 

怒っているときも

怒鳴り散らしているときも

急かしているときも

あきれているときも

うんざりするときでさえ

実は愛おしくてたまらないこと

 

短くなりすぎた娘の色鉛筆と鉛筆を

ひとりでぼんやり見返す早朝に

じんわりと感じる。

f:id:asanoomusubi:20190529061911j:image

もう新しいのに変えようと何度言っても

なかなか捨てようとしなかった鉛筆、

ようやく手放す気になったようです^^