asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ダジャレをググる

彼らがあまりにも可愛らしい顔で
笑いかけてくれるものだから、
こりゃ、もっとドカーンと笑わせてやろうと
頭をくるくるこねくりまわしてみたのだけど、
まったくもって浮かんでこなくって、
ググってしまったのです。
 
ダジャレを。
 
小学生にウケるダジャレ。
 
娘が一緒に登校しているグループは、
小学1~3年生の男の子が5人ほど、
女の子が娘を入れて2人。
待ち合わせ場所まで娘を送っていき、
合流後、ほんの数メートルの道のりを
3分ほどかけてとろとろ一緒に歩き、
分かれ道で、私は駅へと向かいます。
 
 
4月には、どこの誰ぞやという私と娘に
あまり笑顔を見せてくれなかった子どもたちも
最近では親しげに話しかけてきてくれ、
気がつけば、
以前はどっと疲れていたその3分が、
なんだか私の充電の時間になっているような。
 
男の子たちは小生意気で、
女の子たちは相変わらず緊張からか言葉を発さず
でも口元はほんのり笑っていて、
どの子もこの子も
可愛いったらありゃしないのです。
 
 
・廊下で踊ろうか。
イクラはいくら?
ふむふむ。わかりやすい。
 
・台湾に行きたいわん。
・福岡で服を買う。
まあ、わかるかな。
 
・八百屋さんでネギをねぎる。
娘が「ねぎる」の意味を知らなかった!
今度、娘の前で実践してみようかしら…
 
・・・と、まぁ、ググッたものをメモしては、
まずは娘に言ってみています。
 
ググる なんて、ズルかしら。
 
いやいや、たとえズルをしたとしても、
ほしいものが私にはあるのです。
 
あの子たちの笑い声♪
 
 
分かれ道で手をふったあと
やっぱりそっとふりかえります。
大きなランドセルを背負って
小さくなっていく娘の後ろ姿は
以前よりもなんとなくシャキッと
元気そうで、楽しそうでもあって。
駅に向かう信号をわたる私の足取りも
軽やかになります^^