asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

誰と遊んだの?ときく

「そっかそっか。遊具で遊んだんやぁ。誰と遊んだの?」

と、最後に要らぬ質問をつけたしてしまう。

「ひとりで」

娘は、手遊びしながら、ケロッと答える。

「そっかぁ。あれ、〇〇ちゃんは?」

と、保育園で仲が良く学童でも同じクラスになって

大喜びしていた友達の名前を出す。

また余計なことを…と、

自分に舌打ちしながら。

「〇〇ちゃんとは遊んでない。

 ひとりで遊ぶの好き」

娘はやっぱり別のことをしながら

こちらを見ずにケロッとこたえる。

「〇〇くんは?学童でクラスが違うけど、

 遊具でばったり会ったりしないの?」

と、また保育園でずいぶん仲の良かった子の名前をだしてみる。

娘は首をかしげて、

「〇〇くんは●●(自分の名前)のこともう忘れてるわ」

と、ニカッと笑う。

そして、

「〇〇くん、〇〇ちゃんのことはおぼえてるけどな」

と、さっき私がきいた友達の名前をだす。

「ぜったい忘れてないよ。声かけてみなよ」

と言うと、渋るように首をかたむける。

「ひとりで遊ぶの楽しいねん」

娘はまたケロッと言う。

 

ひとりで遊ぶのが楽しい……

とってもいいじゃない。

笑ってるんだからいいじゃない。

そう心から思うのに、

なんだって私は、

誰と?お友達は?

みたいな質問ばかり加えてしまうのだろう。

 

私も小1の頃は、

ひとりを黙々と堪能していたような気がする。

厄介な感情にとらわれはじめたのはもう少し先の話。

 

ハッ……、と思う。

 

なんだか私、こちらから

いちいちあの厄介な感情を

娘の中に呼び起こそうとしていないか?

 

娘が笑っている。

それでいい。それがいい。

 

「そっかそっか。学童は楽しい?」

笑ってきくと、娘は、

「楽しくないけどな。学童ダイキライ」

と笑ってこたえる。

 

。。。