asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

娘に牙をむく

むかしから、ちょいと傷ついただけで

瞬時に牙をむいてしまう困った性質で、

「なら食べなくていいわ」

と、昨夜娘に声を荒らげました。。。

 

夜、仕事から帰ったら急いで手を洗い、

うがいをしながらキッチンに移動します。

 

洗面所で水を口にふくみ、

歩きながらガラガラ、

キッチンの流しでペッ(⌒▽⌒)

 

で、超特急でつくる晩ごはん。

娘の「おなかすいた〜」にせかせかこたえながら、

冷凍ごはんをレンジに入れる。

昨夜の残りの肉じゃがと

煮豆も「えいっ」とフライパンに放り込み、

4つ分の溶き卵をドバッといれて、

ざざっとかきまぜて、蓋をして…

テキトウまぜこぜオムレツ。

 

乱雑に盛り付けたざく切りキャベツの横に

お山のように盛りつけて、完成。

 

とんできた娘はお皿をのぞきこんで、

「なにこれ…」

と言いました。

「なにこれ…おいしくなさそう」

と。

 

たしかに。。。

 

とはいえ、

娘の口からそんなことばがでてくるとは。

 

私に牙を向かれた娘は

ぎゃーぎゃー泣きながら食べほしました。

 

泣き声をBGMに食べるごはんは、

やっぱりさらにおいしくなくて。

 

「えー。おなかの中でおいしくなるよー」

って、どうして笑って言えなかったのか。

そしたら、きっと違う味になっただろうに。

 

やれやれ。