asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

月曜の朝、微熱で登校させる

子どもの頃、よく熱をだしていた私は、

友だちに手をひかれ保健室に行くことが多かった。

「あら、また熱があるのに学校きちゃったの?

 こまったわね」

と、保険の先生は苦い顔をして、

母の職場に電話をするのだった。

 

職場から1時間の道のりを舞い戻ってきた母は、

先生に謝罪してから、

保健室のベッドに横たわる私をのぞきにくる。

昼間に母に会えることが嬉しくて

私は笑みをこぼすのだけど、

母の全身にはりついた疲労と困惑に、

すーっとそれは消えていき、

「ごめんなさい」にすりかわる。

 

ごめんなさい。

迷惑かけてごめんなさい。

お仕事たいへんなのにごめんなさい。

一生懸命元気なふりしたんだけど、

だいじょうぶだって先生にも言ったんだけど、

また迎えにこさせちゃってごめんなさい。

 

帰り道、熱があるくせに食欲のあることも多くて、

商店街の端のたこ焼き屋さんで、

母はたこ焼きを買ってくれるだった。

「あら、また早退してきたの?」

と、たこ焼きやさんのおばちゃんに笑われて、

母は明るくおちゃらけながら返事をする。

 

週末に熱をだし寝込んだ娘、

月曜の朝にはおでこの熱さも落ち着く。

いちおう熱をはかってみると、37.1℃…

微妙。。。

保育園なら迷わず連れて行っていたけど、

まだ慣れない小学1年生、どうしたものか。

仕事わんさかたまってるし、

火曜日にはPTAでまた仕事に穴をあける……

どうしたものか、

と、短い時間に脳内であたふた考える。

とりあえず、いつもと同じように朝ごはんの席に。

いつものおにぎりを

凍ったままのパンに苺ジャムをぬったものに変えると、

「おいしい〜」

と、ぱくつく娘。

 

登校確定。

 

今週からスタートの給食、

気分が悪かったら食べなくていいからね、

連絡帳に書いておこっか…

と心配していると、

「だいじょうぶやって言ってるやん」

と娘は、いつもより少し覚束ない声で

ボソリと言う。

 

・・・

 

うしろめたい気持ちをはりつかせ、

会社に行くと、

金曜日も学校行事で休んだため

やっぱり雑務はたまっていて、

さらにつぎつぎと降りそそぐ(ように感じてしまう)。

うしろめたさを忘れ、奮闘する。

 

・・・

 

夜、すっかり元気になっていた娘は、

はじめての学校給食のおいしさを

それはそれは興奮気味に語る。

 

3週間つくりつづけた愛情弁当は、

あっというまに給食に惨敗^^

くやしいような、淋しいような、

でも、ものすご〜く心強いような。