asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

『香害』と『化学物質過敏症』について夫に伝える

​夫にメールを送ってみた。
 
ちょっとした連絡事項はLINEでやりとりしているのだけど、
今回はあんまりちょっとしていない。
 
ずっときいてほしかったけど、言い出せずにいたこと。
 
そもそも言ってどうにかなる話でもないし、
怪訝な顔をされるのも、
きこえなかったかのように流されるのも、こわかった。
無言のときのなかで、
また失望する自分の心を受け入れる自信がなかった。
 
そうだ、メールだ。メールにしよう。
ちゃちゃっと打って、ささっと送信してしまおう。
 
送信してみた。
 
2つのURLを入れて、
できる限り素っ気なく、でも最大限に思いを込めて、
手紙みたいなメール。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・    
 
とても理解に苦しむと思うのだけど、たぶん私、この症状に該当するかと。
 
前々からあったけど、最近さらにひどくなっています。
職場では常に舌がピリピリひりついて、
めまいがして、帰りの電車の中でも気持ちがわるく、
帰宅後には目がまわって数分間キッチンでうずくまることもしばしば。
 
だからどうしてってことではなく、
今のところどうしようもないので
どうにもこうにもならないのだけど、
とりあえず、頭の片隅にいれておいていただければ心強いです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・     
 
リンクを貼った2つのURLのとび先は、
『香害』の記事と、『化学物質過敏症』の記事。
 
「香害」
他人が使う衣類の柔軟剤などの香りが「不快」を超え、吐き気や頭痛などの症状をもたらすと訴える人々の健康被害。「公害」になぞらえた造語。国民生活センターによると、約10年前に香りの強い海外製の柔軟剤がブームになったことをきっかけに、芳香性を強調した製品が増加。その頃から、柔軟剤の香りによる体の不調を訴える相談が増加傾向にあるという。  
2018.7.31 08:00  THE SANKEI NEWS

化学物質過敏症
化学物質を飲んだり、食べたり、吸ったり、触ったりすることで体に不調が出る病気です。

2009年10月には病名登録されています。 
頭痛、めまい、吐き気、記憶がなくなる、思考力の低下など症状が多岐にわたるのが化学物質過敏症の特徴です。
倦怠感なども強く仕事や学習能力がおちていくため、ますます、うつ状態が出て悪循環になります。
症状が多岐にわたるため、医師が化学物質過敏症と診断することが難しく、「異常なし」で済まされてしまうケースが多いと聞いています。  
2017年12月17日 日曜 午前0:00  FNNPRIME
 
 
どうも私は、香りで体調不良をおこしているらしい。
 
そう思いはじめたのはもう8年以上も前のこと。
同僚の整髪料の匂いで、舌がぴりぴりして、くらくらしてくる。
特別強い整髪料というわけではないし、
その同僚はお洒落も気遣いも完璧の感じのいい女性。
同僚にはなんの落ち度もない。
じっとこらえて、けらけら笑いながら、仕事をしていた。
 
結婚式の前に数回のブライダルエステに行ったとき、
アロマの香りにしんどくなった。
効能を意識して選んだ香りで、どうにもこうにもくらくらする。
私がそこで心地よいと感じるのは柑橘系の香りだけだと知り、
それからは柑橘系だけを選んだ。
それでも、決して安くはないマッサージを終えて店をでるとき、
いつもふらふらと疲弊しきっていた。
 
一昨年、友人から誕生日プレゼントにもらった
とても素敵なパッケージの高級柔軟剤では、ひどい頭痛にみまわれた。
アトピー肌の私のために友人が選んでくれたその柔軟剤は
肌にも環境にも優しいものだったと記憶しているけど、
どうも私には合わなかった。
 
香り付きのティッシュを買って大はしゃぎの娘が、
「いいにおい~」と私の鼻元までもってくる。
私は嗅ぐふりだけして、息をとめる。
香り付きのティッシュや文具にときめいた時代が
私にもあったなと思うと、
「あまり嗅ぎすぎないで、しまっておき」
と口をはさむのも、少しばかりはばかられる。
 
まるでただの神経質なひとの過敏反応みたい。
ざっくばらんにテキトウに生きてきた私は
どちらかというと神経質とは反対のタイプだと思っていたけども。
調べてみて、神経質とかそういう問題でもないのかな、
と思いなおす。
 
呼吸とともに吸い込む化学物質がこの病気を引き起こす、
といったって、
どんな呼吸をすればいいのか。
いったいどこに住めばいいのか。
 
「殺虫剤、防虫剤、芳香剤、合成洗剤食品添加物、農薬がかかっている食べ物 」
が原因の一部といったって、
もはや必需品として根付いている。
すべてを避けるわけにいかないし、
すべてを避けた方がいいとも思っていない。
 
嫌いな虫には防虫剤をおいてでも姿をみせてほしくないし、
合成洗剤はやっぱり便利だし、
食品添加物っておいしいものにいっぱい含まれてるし、
ジャンキーなものだって心置きなく食べる日もほしい。
オーガニックにこだわりすぎるのも
我が家ではちょっと違うと思っている。
 
まいったなぁ。
 
そんなこんなで今日も会社へ行き、
同僚のお洒落なハンドクリームの香りにくらくらしながら、
PCに向かう。
 
同僚にはなんの悪気も落ち度もなく、
むしろ、彼女たちとの会話は私の元気の源でもある。
どんなに舌がヒリヒリしても、
けらけら笑いながら他愛もない話をして、
とんちんかんな息抜きをする。
 
 
昨日送ったメールに、夫からの反応はない。
読んだのかすら分からない。
きいたりもしない。
 
それでもいい。
 
送信ボタンをおしたことで、ちょっとだけ心が軽くなったから。
 
 
 
小難しいのは苦手だし、
あれは避けろこれはダメってかかれてたら自分を苦しめるかなって先入観から
できれば読みたくなかったのだけど、ちょっと読んでみようかな。。。