asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

『小1の壁』ともうひとつの『壁』を見上げる

『小1の壁』とはよくきくけれど、

娘の小学校入学を目前にして、

確かに『壁』は立ちはだかっているかなと感じています。

 

入学式より先にはじまる学童生活、

開所時刻は8時15分。

風の噂でなんとなくきいていたけれど、

あら、やっぱり本当だったのね、

と目をそらしていたことをようやく受けとめました。

私も夫も9時〜18時勤務で、通勤に50分弱。

朝は少し余裕をもって席につくために

7時45分には家をでたいところ。

ありゃ、娘より先に出なくちゃ!!

まだ鍵をもたすことが想像できず、

だからといって近くに結託できるような友人も今のところいなくて、

受けとめたわりにはいまだ解決策は見いだせないまま、

「壁その1」としてそびえ立つ。

 

学童での春休み、夏休み、冬休み、

お弁当がいるのでした。

これも人からきいたときには

「わぁ、たいへんやねー」と

軽くへらへら同情や尊敬の思いを寄せていたけど、

意外に軽くない。。。

毎日適当に詰める私のお弁当は

準備もちっとも苦痛ではないのだけど、

娘のものとなると……。

遠足弁当を詰めるときのような気合いは捨てるとしよう。

ひくーいけれど「壁その2」として

1の上にちょんとのっかる。

 

この地域は集団登校はありません。

今のところ娘はひとりで登校する予定。

大丈夫だろうか。

「壁その3」がさらにのっかる。

 

もちろん準備の必要なものは色々あって、

まだなんにも手をつけられていません。

確実に乗り越えられるものだけど、

あれやこれやと重なるとなんだかこれさえ壁に見える。

ってことで、「壁その4」がまたぽんっとのっかる。

 

新しい環境が苦手な娘は、

毎年春に不安定になります。

さて、この春は。

今のところ、小学校への娘の不安はただひとつ。

「小学校ではあくびしたら怒られるねんて!」

・・・・・はい、「壁その5」。。。

 

他にも気になることはちらほらあり、

壁はどんどん高くなる。

 

だけど、、、

 

かれこれ5年前

育休明けのまるで修行のようだった毎日、

体も心もボロボロで、

トイレやお風呂でひとりになるたびに泣いていました。

まだ1歳だった娘もまた毎日よく泣き叫んでいたけれど、

いつしか保育園を楽しむようになっていて、

ホッとする半面、あれっと、思ったのでした。

 

あれっ、娘は『壁』を乗り越えたのに、

私だけがまだ乗り越えられていない……⁉

 

少しずつ仕事の感覚をとりもどし、

どうにか暮らしのペースをつかんで、

確かに前進しているはずなのに、

いつまでたっても消えない不安と焦り。

 

それは、実際にどうにも時間が足りないという

現実的な焦りでもありながら、それ以上に、

「今のままで本当にいいの?」

という迷いが生み出す

変われない自分自身への焦り。モヤモヤ。

どうにも追いつかない体力。

 

5年………いったいどれだけくすぶり続けてんだか^^;

 

そしてそれこそが、

『小1の壁』よりなによりもドシンとデカくそびえたつ

私にとっての壁……。

 

あいも変わらずにそびえ立つくすんだ壁と、

その横に新たに出現した『小1の壁』……

ぼんやり見上げ、立ちつくしています。

 

娘のくれる手紙。

嬉しいのに、重いな

と感じてしまうことがあります。


f:id:asanoomusubi:20190223055650j:image

 

私の壁は、私自身の問題。

 

多くのご家庭の前にたちはだかる

『小1の壁』とは別に、

私が作りだした私の壁。

娘を言い訳にはしてはいけない、

私の手と足で乗り越えなきゃいけないものなんだよな。

 

それにしても、


f:id:asanoomusubi:20190223060320j:image

入学までにもうちょっと

平仮名くらいおしえておいた方がいいような。

はい、「壁その6」。。。