asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

疲労困憊の新幹線の中で誓う

重苦しい仕事をひとつ終え、

帰りの新幹線の中、

貪るようにサンドイッチを食べた。

長い移動時間、無駄にするのは勿体ないと、

何年かぶりに小説を読む。

すこし前に話題になった小説、

くらくらするのに無理にページをめくり

どうにか読み終える。

何も感じない……

いや、それどころかよりいっそう疲れが増大し、

ぐったりしながら鞄にしまう。

 

ほっとしたくて、スマホを手にとり、

はてなブログのアプリをひらく。

愛読しているブログをいくつか読み、

あっ……ダメだ、くらくらする…と、

アプリをとじる。

 

疲れている。

とにかくものすごく疲れている。

 

新幹線をおりたあとも

そこから家まではさらに1時間。

家に帰ったら、

夫と娘がきっと同じ態勢で

ベッドの上にころがっているだろう。

夫がいる場所は

いつもは私がいる場所で、

そこでがぁがぁいびきをかいている夫を

私は、チッと舌打ちしながら見るのだ。

 

そして、散らかった部屋からは目をそらし、

そそくさと出張帰りの荷物だけ片付け、

明日の味噌汁用に鍋に水といりこを入れ、

明日の朝だすゴミをまとめて、

ささっとお風呂にはいって、

乱雑に髪を乾かしてから寝室に行き、

夫を力づくでずらして布団にもぐりこみ、

娘の手をぎゅーっとにぎって目をつむる。

きっとまた上手にちゃんと眠れないけど、

とにかく少しでも体を休めるのだ。

 

そうしてまた、

朝4時15分のアラームで起き、

うがいをして、

朝のおむすびをにぎりながら、

朝晩2食分の味噌汁をつくる。

 

ああ、それにしてもやっぱり

疲れている。

ひどく疲れている。

 

だけど、今日の現場での

怒涛のようなラスト2時間と

それゆえのちっぽけなあまりに個人的な達成感と疲労感を

明日会社でアピールするのは格好悪い。

ふだん私は残業もしないし、

出張も同僚より少なくしてもらっていて、

年2回ほどの繁忙期にきまって

出張や残業の疲れをぽつぽつと

これみよがしにこぼされるたびに

感謝と違和感が脳内で入り乱れ、

肉体的疲労以上に重くのしかかる。

だから、私は明日もへらへら笑って出勤し、

へっちゃらだったよと軽くはったりをはき、

たまったメールをさらっとよみとばしながら

ケロッと処理していくのだ。

 

家でも、夫に疲労のアピールをしたところで

見事なまでの無反応に悲しくなるだけ。

さらに娘にするのはどうかしているので、

しれーっとした顔でやり過ごそう。 

 

そう心に強く強く誓い、、、

だけど、ここにだけちゃっかり残す。

 

ああ、つかれたーーー!

 

よし、これで大丈夫♪

………………………

 

と、ここまで、

昨夜の新幹線でかいて下書き保存していました。

実際の帰宅後は、ちょっと様子が違ったけれど………

せっかくの誓いをまっとうするためにも

ポチッとUPします。