asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

娘のお皿を真ん中にしまう

「さいきんオムライス全然してくれへんから

 味わすれちゃったわ」

数日前の晩ごはんのとき、娘が突然言ってきたので、

じゃあ次のお休みにね、と約束していました。

平日の夜は、作り置き中心か、ザ・鍋!

オムライスをつくる余裕さえありません。

 

昨日のお昼ごはんにようやくつくりました。

 

圧力鍋で炊くと、

もちもちケチャップライスができます。

 

卵はとろとろが好き。

鉄フライパンに

オリーブオイルをたっぷりめにいれて、

あつあつにしてから

牛乳を多めにいれた卵をジューッと

まわしいれました。

f:id:asanoomusubi:20190126183029j:image

決して上手ではないけれど、

とろーんと美味しいオムのできあがり。

柳宗理の鉄フライパンを愛用しています。

小ぶりなので、大盛り炒めもの時には出番はなく、

ちょっとした炒めもの、揚げ焼き、炒め煮に、

蓋つきなので目玉焼きにも使っています。

 

 

ル・クルーゼのお皿にもりつけて、


f:id:asanoomusubi:20190126200503j:image

娘がケチャップで総仕上げ。
f:id:asanoomusubi:20190126200758j:image

朝にガッツリ食べたので、

少なめにいれてみたのですが、

おいしいね、おいしいね……と

ケチャップライスだけおかわりするはめに^^;

 

夫のが黄緑、娘のがピンク、私のが黄色の

ル・クルーゼのお皿は、

しまうとき、必ずこの順番。

娘のはいつも真ん中です。


f:id:asanoomusubi:20190126201021j:image

寝るときも、歩くときも、

いつだって、私と夫の間には娘。

守っているようで、

いつも娘に見守られている夫と私。

 

 

公園で凧あげをしました。

f:id:asanoomusubi:20190126184437j:image

娘はヘルメットをかぶったまま

駆け回っていました。

 

夜、娘が

「ママ、今日八百屋さんで、かわいい顔してた」

とほめてくれました。

へ?かわいい顔?(゚∀゚)アヒャ

八百屋さんでどっさりの野菜を買うとき、

はやけに満ち足りた気分になるのだけど、

きっとウハウハした顔が

娘の目には可愛くうつったんだな。

私の母は決して美人ではないのに

「キレイで儚いがんばりやのお母さん」だと

思いこんでいた幼い頃の自分を思いだし、

ククッと笑ってしまう。

儚い(と思いこんでいた)母を

必死で守ろうとしていた幼少時代…

親を守る子どもの強さははかりしれない。

 

寝る前、昨夜は娘が、

フレデリックの絵本を読んでくれました。

 

絵本をとじ、電気を消して、

寒いね〜ってくっついていると、

すぐに可愛い寝息がきこえてきました。

 

あまり急いで大きくならないでね。。。

 

娘の体温にぬくぬくしながら、

つい勝手なことを願ってしまうのです。