asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

娘のりんご病を見逃す

早朝、まだ外は真っ暗だけど、カーテンをあけると

f:id:asanoomusubi:20190117053520j:image

今日も結露。。。

 

娘のほっぺたが真っ赤です。

どうもりんご病になっていたようです。

保育園で担任の先生から

りんご病の子いっぱいだったんで、

 うつったんだと思います」

と言われ、あっ、やっぱりりんご病か、と。

頬が赤くなってからは感染力がないようなので、

いつもどおり保育園に行かせてもらっています。

それにしても、娘はずっと元気にかけまわり、

はげしく食欲旺盛だったので

ちっとも気づきませんでした。

「ちょっとしんどい日あった?」

ときくと、

「そんなんあるわけないやん!」

とキッパリ。

強いなぁ。。。

 

一昨日から寝る前に

「いやいやえん」を少しずつ読んでいます。

私が子どもの頃に好きだったからと

母がとっておいてくれた本で、

ところどころに幼き私が書いた落書きがあります。

だけど実は、私は本が好きではありませんでした。

この本も表紙の絵には惹かれていたけど、

物語はまったく記憶になかったので、

たぶん特別好きだったわけではないような。

この本にかぎらず、

親が勧めてくれた本や物語を好きだと言うと、

「この話の良さが分かるのか、すごいな」

と、両親が喜んでくれたので、

好きなふりをしていたような気がします。

本当は、何を読んでもらっても、

(読んでもらった記憶もないけど^^;)

何を読んでも、何を聞いても、

大半がちんぷんかんぷんでした。

 

そんな私とはちがって、娘は真剣にきいています。

ときどき質問もしてきたりして、

少なくとも、ちんぷんかんぷんではないようです。

 

夜10時半、

ほんの数ページだけ読んでから、

電気を消しました。

6歳にしては遅い就寝だなぁと…

気になりながら。

 

そして朝6時過ぎ、

あと20分程で娘を起こします。

6歳にしては早い起床だなぁ…

と思いながらも。