asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

「ときをためる暮らし」をめくり終える

大好きなブログで知り、興味をもった本

「ききがたり ときをためる暮らし」

通勤電車のなかで一日数ページずつ、

ようやく最後までめくり終わりました。

 

大地に根ざした丁寧な暮らしをする80代のご夫婦へのききがたり。

あこがれるけれど、ほど遠く、

届かないけど、ほんのり沁み渡り……

静かな小説をよむようにページをめくっていきました。

 

朝の満員電車の中ではひたすら棒立ち、

帰りの電車では疲労困憊、意気消沈、

なかなか本をひらく気にならないなか、

ゆっくりゆっくりではあるけれど

ページをめくるのが楽しくて、

通勤時間を豊かにしてくれました。

 

一人で何かやれば、遅いけれども確実によくなるって信じていたのね。長い年月はかかるけども、今日より明日はよくなると思って。

自分がやりたいことは、家の中に限られましたけど、自分流でやってきたおかげで、年をとってからの毎日が楽しく送れるようになったことは、よかったなぁと思いますよね。

(つばた英子)

 

困難は人を強くするかもしれませんが、心の拠り所になるのは、やはり、楽しい思い出なんですよ。苦しいときに耐えたから、次も耐えられるなんてことはなくて、たくさんの楽しい思い出があったほうが、心も豊かになれる。

(つばたしゅういち)

…………

 

ここ数日、心にぽっかりあいた穴がふさがらず、

どうしたもんかなぁと途方に暮れていました。

 

夫が会社でもらったと

食べずに持って帰ってきてくれたお菓子。

娘が寝ているすきに

むすっと差し出してきたので、

娘が寝ているうちに

こそっとお弁当箱と一緒に包んで、

会社に持って行きます^^


f:id:asanoomusubi:20181120060647j:image

道すがら、何か話をするわけでもないし、一緒に並んでも歩かないの。彼はサッサカ先を歩いて、途中でふり返り、また前へ。こっちは必死でついて行くの。フフッ、おかしいでしょ。

(つばた英子)

いちばん好きだったのはここかな。

 

心の穴、またふさがっていきそうです。

 

今週のお題「読書の秋」