asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

『見るだけで体が変わる魔法のイラスト』を見る

『見るだけで体が変わる魔法のイラスト』

小池義孝さんという気功治療院院長さんの書かれた本を

見るだけなら、ということで、めくってみました。

 

見るだけのはずが、

ふむふむふむ...と、あっという間に読んでしまいました。

 

いいなと思ったところを備忘録として。

 

大腰筋のヒミツ

足のつけ根はどこだと思いますか?

ほとんどの方が、太もものつけ根だと思っています。

確かに、股関節のある場所なので、骨格で見れば間違いありません。

しかし足を動かす筋肉で見れば、赤い丸のところが正解です。 

※赤い丸のところがイラストでかかれています。みぞおちあたり。

この筋肉は、大腰筋といいます。インナーマッスルという言葉はすっかりおなじみになりましたが、その代表格のような存在です。

大腰筋の始まりは、鳩尾(みぞおち)のあたりです。そこが足のつけ根だと意識して、歩いてみてください。

鳩尾の高さの背中から、足を動かし出すイメージです。

この歩き方を「大腰筋ウォーキング」と名づけます。

大腰筋ウォーキングは、一歩の幅が大きくなり、歩くスピードも速くなります。骨盤の中が動くために、骨盤の歪みも調整されます

骨盤の歪みが調整される⁉

やらないわけにはいきません。

血行が良くなり、こりが軽減されます。

こりゃもう、やらずにはいられません。

大腰筋そのものと腹筋が鍛えられて、体幹が強くなります。 

 まさに私に必要なものです。

腰痛の改善や予防も期待できます。 

 夫にもやらせたい…。

 

そして、おもしろいのがこのあとで。

元気よく大腰筋ウォーキングをしてみてください。

そこであえて、ネガティブな考えをしてみます。

すると、まったく心がついて来ないのがわかります。

ネガティブになれないのです。 

 

実験しました。

みぞおちのあたりを足のつけ根だと意識して、

歩く、歩く、歩く。。。

とはいっても、駅までの徒歩3分、

ほんの少しの道のりですが(^-^;

 

たしかに心がついて来ませんでした。

 

まぁ、さっそく素直に試してみようと思えるくらいに

気分も高揚している時なので、

当然ともいえる気がするのですが、

とはいえ、

 

大腰筋は、腎経という東洋医学ではとても有名な経絡(気の流れ道)と深い関係があります。 腎経の流れを良くすると大腰筋が強くなり、大腰筋を刺激すると腎経が活性化します。腎経が活性化されれば、心身の活力が上がります。

とかかれているのを読んでしまうと、

東洋医学的にも理にかなっているんだ!と

またむくむくとやる気がみなぎってきます。

 

何となく元気がない、休んでいるはずなのに疲れている、気分が沈んでいる、後ろ向きになっている、などの時、大腰筋ウォーキングは効果てきめんです! 

 ふむふむ。

しばらく意識して歩いてみようと思っています^^