asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

鬼おろしのコツをつかむ

鬼おろしで、大根をおろすのが苦手でした。

なんだかうまくおろせない。

 
先週末、娘がやりたがるので、
できるわけないやん。むずかしいのに
と思いながらも、ゆだねてみると


f:id:asanoomusubi:20181023200424j:image


 
なんか、ちょっと上手。
 
あれ?そんなに簡単だっけ?
と、奪い取り、
娘の真似をしてやってみると、
いつもより軽やかにおろせました。
 
奥から手前に一方向に引きます。
力みすぎないで、優しく引く方が
上手くいく感じがします。
(写真でみると、娘の手、おおいに力んでるように見えるけど^^;)
 
今まで、力みすぎてたのかな。
 
力みすぎて上手くいかない・・・
料理に限らずありがちだなぁ。。。
あらゆることで 、もっと肩の力をぬいた方がいいのです。
 
 
 
竹の刃が鬼の歯を連想させる
とのことで「鬼おろし」。
竹の木でできた大根おろし器です。
 
 
ざくざくシャキシャキとした食感の
粗い大根おろしができあがります。
 
粗くおろせるため、
水分と食物繊維が逃げにくいのだとか。
確かに、通常のおろし器でおろしたあとたっぷり出るあの汁が
鬼おろしでおろすとほとんど出てきません。
 
とはいえ、あの汁がでる
細かい淡い普通(と私が思いこんでいる)の大根おろしも好きで、
『ステンレスの大根おろし』と『竹の鬼おろし』
料理と気分と都合によって、使い分けています。
 
 
風邪っぴきの記事がつづき、
あたたかいコメントをたくさんいただき、
ありがとうございます*^^*
鼻がじゅくじゅく、頭がぼんやりしているだけで、
体も心も元気です^^
みなさまもどうぞご自愛ください★