asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

前髪カットでスキンシップをはかる

娘は髪を長く長くのばしたいそうで、

なかなか切らせてくれません。

切っていいのは前髪だけ。

後ろはたまーに、傷んだ毛先をほんの少し、

私か夫が切っています。


f:id:asanoomusubi:20181011212934j:image

子供用のカット鋏ですが、

私の前髪もたまにこれで。

美容院に行くほどじゃないけど、

前髪だけどうにも気に入らない!って時に、

ギザギザのすきバサミでジョキッと。

いつも失敗します。

 

先週末、鏡の前でふと思い立ち、

夫をよびつけました。

「ちょっと、お願いがあるから来て」

きこえてるだろうに無視する夫。

「パパー、ママがよんでるー」

娘も応戦してくれて、

ようやくうっとおしそうにやってきました。

「ちょっと前髪きってくれる?」

「はっ?」と目をまるくする夫。

「えっ?ママの前髪?」ときいてくる娘。

「そう、私の前髪、適当に切って。

 失敗してもいいから」

ハサミを2つ差し出すと、

すきバサミじゃない方を手にとって、

器用に縦にハサミをいれて、

さささーっと仕上げてくれました。

 

ずいぶん短くなりました。

でもまぁ、可愛くなりました^^

 

いつも不機嫌な空気をただよわせて

どこかよそよそしい夫と私。

ふいに思いついた

私なりのスキンシップ^^

 

「ママの前髪、へんなのー」

娘の笑い声が、いつも我が家を

ほんわり包み込んでくれます^^

 

 

夜中に何度も目が覚めて、

なかなかすんなりと眠りにはいりなおせず

やれやれ…と思っていると、

横からヒヒヒヒヒッと、娘の笑い声が。

のぞきこむと、何事もなかったように

すやすや気持ちよさそうに眠っていました。

フフフフッと、なんとなく愉快な気分になりました^^