asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

悲しみの炊き込みご飯をつくる

先週末、炊き込みご飯をつくろうと具材を切っていると、

「いっしょにつくるー」

と娘がやってきました。

茶色いエノキを切る私から包丁を奪い取り……


f:id:asanoomusubi:20180926215309j:image

さんざん散らかして去っていきました。

 

愛おしいやら、腹立たしいやら。

ありがたいやら、面倒くさいやら。

 

圧力鍋で炊き込みご飯を炊きながら、

鉄フライパンでひじきの煮物をつくり、


f:id:asanoomusubi:20180926215655j:image


f:id:asanoomusubi:20180926215831j:image

冷凍していた鶏胸肉の茹で汁で、中華スープも。
f:id:asanoomusubi:20180926215709j:image

こちらの仕上げに卵を入れました。

 

さあ、お昼ごはん。

洗いものを少なくしたいので、

スープ以外はワンプレートで。


f:id:asanoomusubi:20180926220107j:image


食べはじめてすぐに、

「なんでピラフじゃないの?」

と娘。

「ピラフはそろそろ飽きたかなと思って」

と言うと、

「ピラフは一生あきるわけないやん」

と。。。

「・・・炊き込みご飯じゃなくてピラフが良かった?」

大きく大きく頷く娘。

 

嬉しいような(ピラフが)、

悲しいような(炊き込みご飯が)。

誇らしいような(ピラフが)、

情けないような(炊き込みご飯が)。

 

そして翌々日の祝日、しっかりピラフを炊きました。

小分けにして冷凍して……

 

今朝もまた

f:id:asanoomusubi:20180927053851j:image

茹で卵(醤油麹漬け)の欠片をしのばせた

ピラフのおにぎり。

こちらと、玉ネギとワカメと豆腐とザク切りキャベツの味噌汁です。