asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

台風が去り、作り置きを捨てる

水曜日の夕方、新幹線に乗り込みました。

台風がくる前にと、急遽予定より一日前の月曜日の夜に降り立った出張先で、ひと仕事を終え、ようやく自宅に向かえる。

 

ひどく疲れていて、もう何も考えたくないのに、頭の中が休まらない。

 

そわそわ、ざわざわ、がやがやと、考えても仕方ないことを先回りして考える。

火曜日の午後から、台風の影響で停電になっていた我が家。

水曜日のその時点でも、まだ復旧はしていませんでした。

水は出るみたいだけど、じゃあトイレは?

お風呂は?

冷蔵庫の中は全滅だろうな。

冷凍庫の中はどうだろう。。。

娘は元気そうな声だったけど。。。

 

夫にいくつかLINEできいてみるものの、3つの質問に対して、なぜか回答は1つだけ……。

ちっとも分からない‼

 

でも、苛立ってはいけない。

夫も娘も大変な思いをしているのだ。

とにかく私がドンッとかまえて、笑顔で帰る必要がある。

 

気持ちを整え、新幹線を降り、

ずいぶん遅延している電車に乗り込み、自宅へと向かう。

混雑した電車の中は、たくさんの披露と困惑で充満している。

目的地にたどり着き、切符をなくしたことに気づく。

駅員さんの前の小さな行列にならぶ。

 

重い荷物を背負うように抱え、早足で自宅に向かう。

どこの家も店も電気がつき、ふつうに営業している。

なのに、自宅の付近だけが暗闇のなか。

なるほど……うちの町内だけまだ停電中なのね。

いつもはオートロックで閉ざされているけれど、臨時で開け放たれたマンションの扉をすりぬけて、止まったエレベーターを一瞥する。

ふっとひと呼吸、非常階段の扉をあける。

暗闇の中、スマホの灯りで足元をてらし、駆け上がる。

 

20時半、玄関のドアをあけると、懐中電灯を持った娘が「ママー」と駆け寄ってきました。

満面の笑み。

興奮気味に、この2日間のことを語ってくる。

 

笑顔で帰らなきゃ。

新幹線のなかであんなに気合いをいれてきたけれど、そんなに力まなくたってよかった。

娘の笑顔でたちまちこっちも笑顔になる。

 

水はでる、キッチンのガスもつく、トイレの水もながれる。ありがたい。

 

お風呂のお湯はでない。

夫と娘は銭湯に行ったそうで、夫は「ザ昭和な銭湯やった」と言い、娘は「むっちゃ楽しかった、明日ママも行こうな」と言う。

明日には復旧しててほしいけど…苦笑いしながら、頷く。

 

冷蔵庫をあけると、作り置きや買い置きが、冷気を失った暗闇の中で佇んでいる。

恐る恐る冷凍庫をあけると、まだかすかに冷たく、半分凍った状態の肉もある。

これはまだいけるんじゃないか……と、あれこれぐるぐる考えはじめる。

 

いや、ぐるぐるしてる場合じゃない。

疲れている。

明日も会社にはもりだくさんの仕事が待ち受けている。

休もう。

 

朝からぶっ続けで仕事をし、コンビニのパンやチョコレートを食べただけ。

ここは試しに……と、納豆をあけてみる。

ちょっと匂いのきつくなった納豆。

食べれるだろう。

暗いキッチンで立ったまま納豆を食べる。

うん、食べれる。ちょっと発酵の進みすぎた納豆だ。

娘が「ママ、おなかすいてるの?」ときいてくる。

「うん。おなかすいてるし、腐ってないか試してるねん」

食べ干したあと、抱きついてきた娘に、「納豆くさーい」と笑われる。

 

歯を磨き、顔を洗い、タオルを塗らし体をふき、娘と一緒にベッドへ行く。

 

疲れている。

でもやっぱりうまく眠れない。

 

翌朝、木曜日の4時に起き上がるもまだ暗く、うっすらと明るくなり始めてから、冷蔵庫の中の作り置きをゴミ袋に放り込む。

冷凍庫の中も一部放り込む。

ちょうど生ゴミの日。捨ててしまおう。

 

今月は出張が複数回あり、ハードになるからと、いつも以上に、まとめて作り置き、買い置きをしていたのに……

このごにおよんで、もったいない、なんて悔んでしまう自分が情けない。

 

空っぽになった容器。


f:id:asanoomusubi:20180908065825j:image

 

起きてきた夫に、ずっしり重い生ゴミを渡し、捨ててきて、とお願いする。

 

その日も電気は復旧せず、夜、銭湯に行く。

 

金曜日の朝、懐中電灯をもってトイレに行くと、夫が寝ぼけた声で「電気つくで」と。

「夜中に復旧した。声かけたけど、爆睡してた」と言われる。

そういえば、ぐっすり眠れた!

スイッチを入れると灯りがつく!

キッチンに行くと、冷蔵庫が稼働している!

約2日半とまっていた電気が動き出した。

「わぁ、ありがとう。ホントやぁ、ありがとう」

自然にお礼の言葉が何度もあふれ出る。 

 

金曜日の朝食時、いつもは食事中にはつけないテレビをつけると、北海道の地震のニュースがとびこんできました。

知ってはいたものの、テレビもつかず、スマホもあまり見ず、新聞も開かずに過ごしていました。

大変なことになっていて、本当に大変な思いをしている人がいて…

自分のことでいっぱいいっぱいになっていたな、と思い知りました。