asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

「ググッて」と言い放つ

数日前のこと。

娘がもじもじしながらやってきて、

「あのな、ちょっと足をのばしたらな、あみあみのところのはしっこにな、穴があいてん」

と言って、私の手をひっぱってきました。

ついていくと、

あぁ、網戸の端っこが枠からとれて、

確かにぽっこり細長い穴が。

 

束の間途方に暮れてから、夫に委ねてみることに。

「パパになおしてって言ってきて」

「はーい」ととんでいく娘。

 

リビングでふんぞりかえってスマホをみてた夫は、

面倒くさそうにやってきて、穴を見て、

「どうしたらいいん?」

と私にきいてきます。

「なおして」と私。

「業者よばんとあかんな。どこに電話したらいい?」と夫。

・・・

 

まずは、工夫してみて!

わからないなら、ググって!

あなたがいつもいつも向き合ってるそのスマホで、検索してみて!

 

と言い放ち、キッチンに退散。

その後、そーっとのぞいてみると、


f:id:asanoomusubi:20180818153115j:image

 

検索はしなかったようですが、

とりあえずなおしてくれていました。

 

ホント、なんでもかんでも、

厄介なことはすぐに業者の方をよびたがるんだから。

 

……と、厄介なことは夫にふる私は、

ブツブツブツブツ心の中で文句を言うのでした。