asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

帰省2日目 早朝に流れ星をみる

帰省2日目の昨日、

環境が変われば眠りも変わるかな、と期待していたものの、

しっかり1時過ぎに目が覚めて、ふとんの上でぼんやり。

寝返りをうったり、うとうとしたり、また目が覚めたり、

を繰り返しながら・・・

4時、夫をたたきおこしました。

 

「おきてー。走りにいこー」

 

むくっと起き上がる夫。

 

物音をたてないようそっと外にでると、あたりはまだ真っ暗。

ゆっくりゆっくり走りはじめます。

ふと空を見上げると、たくさんの星がキラキラと光っていました。

都会でみるよりもずっと近くに感じます。

「すごいなぁ。星がいっぱい」

夫の背中に声をかけると、ほんとやなぁ、と夫も空をみあげ・・・

「あっ、流れ星」と。

 

えー、うそ。みたかった!

と言いながらも、この星空だけで充分だ、と思っていると・・・

「あっ、流れ星」!!!

星が確かに流れていきました。

同じものを夫もみたので、夫は2つの流れ星を目にしたことに。

いつもムスッと言葉数の少ない夫は、

胸のうちにいったいどんな願いを秘めているのだろう。。。

 

私の願いは・・・

いっぱいあるような気もするのだけど、

どれもこれもあまりにも曖昧で、

だけど、いちばん大切なものは

実はとっくに叶っているのかもしれないな。。。

 

義実家での早朝、キラキラ光る星の下を、

かえるの鳴き声をBGMに、

夫のうしろをのろのろ走りながら、

そんなふうに思ったのでした。

 

今回の帰省前に夫にお願いしていた2つのこと

 

1つめ

私の格安スマホのつながりが悪く、

前回WIFIを持ち込んだものの電波が届かいことが判明した義実家。

キッチン横に1本とびでているLAN、

みんなが行き交う場所なので、それなりにちょこっとわきまえるから、

夫のノートPCを持ち込んで使わせてほしい。

 

2つめ

まだ暗い早朝の田舎道、あたりは田んぼだらけ。

ひとりで散歩やジョギングにでたら、迷い人になって帰ってこれません。

朝4時に起こすから、一緒に10分間だけ走ってほしい。

 

どちらもしっかり応えてくれました。

 

帰省前はいつもモヤモヤとほんの少し格闘するものの、

夫の実家でも、けっこう好き勝手やっちゃっています。

そして、いつもおなかがはちきれそうです。