asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ずいぶん遅れて返事をする

ほんのり明るくなりはじめた朝5時のリビング。(数日前の…)

f:id:asanoomusubi:20180806060134j:image

レースのカーテンも椅子も、いまだ破れたまま。

夏季休暇を迎えるまえにはスッキリさせなきゃ……

せかせかそわそわしていたけれど、

結局なんにもできないまま、もうすぐその休暇に突入します。

初日の朝に出発し、夫の実家で過ごす3泊4日。

年末年始も夏季休暇も、家で過ごせるのは、いつも1日か2日。

なんだかなぁ……と、ついつい思ってしまったり、

やたらはしゃいでいる娘に、時に、しらーっとなってしまうことも。

 

「楽しみすぎる」とはしゃぐ娘に

「よかったね」と言うと、

「ママは楽しみじゃないの?」と。。。

 

私の格安スマホの電波が覚束ない夫の実家。

まわりにあるのは、大きな土地にゆったりと建つ家々、田圃……のどかな風景。

広い家の中には、雑然とものが積み上げられ、軽やかにとびこえるように、親戚の子どもたちが歓声をあげながら走りまわる。

もちろんその中には、溢れんばかりの笑顔の娘。

雑多な食材や大量の食べ物がパンパンにつまった冷蔵庫は、子どもにとって宝庫のようで、あさるようにジュースを取り出し、お茶のように一気に飲み干す。

いつもと違う、だけど、まぶしいくらいの平和がそこにある。

幻想のような、現実。

そこでは時間が、ゆっくりゆっくりと流れる。

 

・・・・・

 

「そうやね。ママも楽しみだよ」

ずいぶん遅れて返事をしたときには、

娘はもう別のことに夢中になっていました。