asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

「嫉妬」という魔物にとりつかれる

「●●ちゃん、とびばこ5段もとべるねんで」
保育園の友達のことを、嬉しそうに話してくる娘。
自分のことのように誇らしげに、
友達の特技を語れるって、
なんかいいなと思います。
 
いつ頃からだったか、小学生になってからかな、
『嫉妬』という魔物にとりつかれた私。
ひとの特技を無邪気に語るなんて、
とうていできなかったような。。。
 
あのこは、あのひとは、
運動神経がよくていいな、
上手に発表ができていいな、
「おかえり」って言ってもらえていいな、 
みんなに愛されてていいな、
いろんなものをもってていいな、
笑顔がかわいくていいな、
いいな、いいな、いいな、いいな・・・・
あ~、憎らしい。
 
誰かをうらやましいなと思うのは、
きっと自然なこと。
だけど、いいな いいな をふくらませすぎて、
やがて憎らしく感じてしまうなんて、
ひどくゆがんでいたんだな。
 
ゆがみきった私が生んだ、
どすぐろーい魔の感情。
幼いころにはじまり、
大人になってからも消えることなく、
その時々で形をかえ、ずいぶん長いあいだ、
私の心にすみついていました。
どれだけもがき苦しみ、消耗してきたことか。
 
 
「骨盤がものすごくゆがんでいますね。
体調にも影響しますよ」
整体で言われたことがあります。
もう10年ほど前のこと、
おもいきって1回5万円もする整体で、
その「ゆがみ」とやらを
とってもらったことがあります。
効果のほどは・・・
悲しいことに、どうもまだまだゆがんでいるのか、
体のだるさがいつまでたってもぬけません。
 
心もまだまだゆがんではいるものの、
とはいえ、私をはげしく苦しめてきた
あの魔の感情はいつのまにか手放せたような・・・
そんなふうに思っていたのですが、
 
ん??どうも夫が憎らしい。
 
この気持ちは、もしや・・・。
 
次から次に、PCをポチポチおして買い物をする夫、
高価な衣類やモノが、
帰宅後キッチンであわてふためいてるときに、
宅配の夜の最終便で届きます。
毎晩毎晩、ふんぞりかえってお酒をのんで
TVみてひとりでゲラゲラ笑ってるくせに、
ドタバタガタガタと家事をどうにか終えて
先にベッドにはいっている私よりも、
早く寝つきやがって!
イビキがうるさーーーい!!!
 
これは、もしや、あの魔の感情??
いつまでも自分のための「欲望」をもちつづけ、
なんの躊躇いもなく、しっかり満たすその気ままさ、
平日の夜にも優雅に、ひとりでゲラゲラ笑える夫に、
私は嫉妬しているのだろうか。
 
 
『嫉妬』という魔物は手放せるもの。
半年前の私は、悟ったかのように、
嬉々として思っていたけれど、
手放しきれていないのかも。。。
 
体のゆがみをなおすのも、
心のゆがみをなおすのも、
なかなか難しいなぁと思っています。
 

f:id:asanoomusubi:20180518042009j:image

ピクニックに行った日に、夫と娘の後ろ姿をカシャッ♪
夫は自分から写真を撮ろうとはしないから、
我が家にある写真は、ほぼ、娘ときどき夫。
 
この後ろ姿にも、またもや嫉妬…⁉…^^;