asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

淋しい口に放り込む

お昼ごはん、おなかいっぱい食べたはずなのに、

2時や3時には、もう何かが食べたくて、
うずうずうずうず するのです。
 
おなかがすいているんじゃなくて、
おくちがすいているだけ。
 
カタコトカタコト作業をしながら、
おみやげにいただいたお菓子を頬張って、
いったん満足はするものの、
4時や5時には、チョコレートが食べたくなって、
また、うずうずうずうず するのです。
 
からっぽなのはおなかじゃなくて、
たぶん心のなか。
 
で、そーっとデスクの引き出しをあけて、
いったん迷ってみるものの、
ええいっと、チョコの包みをあけて、
口に放り込んで、
あまりの美味しさにとまらなくなって、
また次のひと粒を、さらにまたひと粒をと、
あけては口に放り込む。。。
 
そして、ようやく満足するものの、
口の中がからっぽになったら、
なんとなーくうしろめたい気持ちになってきて。
 
やれやれ。
 
せっかく食べるなら、
しっかり味わって、
とことん楽しみつくせばいいものを。
 
 
仕事中のお菓子が、
どうにもこうにもやめられません。