asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ばかものをあざ笑う

茨木のり子の詩「自分の感受性くらい」を
はじめて読んだとき、
グサッと胸につきささりました。

同時に、ほっと、なんだか安心もしました。

ふと思い出して、
10年ぶりとか20年ぶりとかで、
読み返してみる。

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

10年も20年も年をかさねてきたのに、
やっぱり、グサッとつきささり、

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

やっぱり、ハッと思い返し、
じわじわと心にしみわたり、

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

うんうん、そうだよね、
と、ばかな自分をあざわらう。


10年も20年も前の
トゲトゲだったあの頃より、
ちょっとは成長してるつもりだったけど、
あいもかわらず、ばかものだなぁ、私。。。
って、改めてしみじみ思った昨日。

 

自分の機嫌をとるために、
今日も、大好きな朝ごはんを準備します。

 

 

asanoomusubi.hatenablog.com