asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

インフルエンザと診断される

インフルエンザにかかってしまいました。

昨日、熱っぽさを感じ、会社を早退し、寝たら治るだろうと思い込み、病院にも行かず、何時間もリビングでただひたすらまるまっていました。

 

夜、熱をはかると38.8℃。

 

朝には37.6℃までさがり、しっかり朝ごはんを食べました。

 

マスクをして保育園まで電動自転車でひとっとび。

まだインフルエンザとは分からずに、でも風邪菌を園にばらまくわけにはいかないので、いつもはロッカーに荷物を入れたり、コップをコップ入れに置いたり、なんてことを親がそそくさとやっていたけど、今日は全て娘に委ねて、入口のところでお別れ。

事情を察して、案外すんなり受け入れて、笑顔で手をふる娘。

なんだ、自分でできるんじゃない…そりゃそっか。

今まで焦りすぎて、親がせかせかやってしまっていたことも、本当は、自分でできるんだよね。

ゆっくり見守る方がずっと難しくて、急かすように手をだしてしまうけど、娘の成長を見逃して、私自身が損をしてるだけなのかもしれません。

 

いったん家に帰り少し横になってから、近くの内科へ。

インフルエンザの検査を受け、

「インフルエンザです。A型です」

と、言われてしまいました。

「会社にはいつから行けますか?」

「家族にうつしたくないんですけど、どうすればいいですか?」

熱っぽいとはいえ、体はわりと元気なので、ついついそんな質問が口からとびだします。

「会社は、月曜日までは休んでください」

「うつさないには、隔離しかないですね。もううつってるかもしれませんしね」

と淡々と回答されてしまい、

「そうですよね〜。ショックです〜」

と、へらへらと診察室をあとにしました。

 

処方されたイナビル吸入粉末剤は、吸入式のもので、薬局で、薬剤師さんに付き添ってもらって吸いました。

「なんかちゃんと吸えてる感じがしないんですけど、大丈夫でしょうか」と私。

「ちゃんと吸えてると思いますよ」と薬剤師さん。

ひとりだとちゃんと吸入できているか心配だけど、付き添ってもらえるなんて安心です。

 

支払い後、レジの前に鞄を置いたまま財布だけ持って帰ろうとし、親切な方から「カバン、忘れてませんか?」と声をかけていただき、「すみません」と舞い戻り、「ありがとうございます」と、へらへらとお辞儀しながら薬局を去りました。

 

お昼ごはんに、たっぷりの雑炊をして、昨夜の残り物とたいらげ、大満足。

 

こんなに食欲あるのに、インフルエンザ?自宅療養???

 

やれやれ。。。