asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

駅で夫に会釈する

通勤は片道50分弱、乗り換えが1回あります。毎日18時ピッタリにタイムカードをおして、会社をとびだし、足早で駅に向かいます。

夫も同じ方面で働いていて、同じような時間に帰宅します。

 

時々、乗り換え時に、夫を見かけます。

「あっ、いた。同じ電車だ…」

と思い、外での夫の風貌をぼんやりとながめ、べつの車両に乗り込みます。

 

いちばん近くにいるはずなのに、なんか、とてつもなく遠い人。。。

 

乗換後の電車ではたいてい座れるので、本をひらきます。

貴重なひとりだけの読書タイム。

 

昨日の会社帰り、乗換時に、夫と遭遇しました。

一方的に見かけたのではなく、遭遇。

すぐに会話ができる距離で、おもいっきり目が合いました。

なぜか一瞬ひるみ、その後、かるく会釈をしました。

「今日、会社でごたごたがあって、やりきれなくて…」

なんて、ざわざわした気持ちを、もちろん夫に語りかけることもなく。

彼は、私の涙目に気づきもしないし、私もまた、彼がどんな疲労を抱えてきたのか、想像もせず…。

 

夫はきょとんとした顔で、会釈しかえすわけでも、話しかけてくるわけでもなく、やがて人並みにまぎれこんでいきました。

私は、階段をかけのぼり、夫がふだん乗っていると思われる車両とはべつのところに並んで、乗り込みました。

本を取り出そうとして、ふと、友人にLINEをするんだった、と思いだし、スマホを手にとり。

友人に長いLINEをうち終わる頃、最寄駅に到着。

また足早に改札へと向かいました。

 


f:id:asanoomusubi:20180221045927j:image

今朝のキッチン…