asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

嘘にうなずく

今朝、4時のアラームより前に目を覚まし、布団の中でまるまっていたら、横から、娘のすすり泣くような声が。

よくきいてみると、泣いているのではなく、くすくす笑っているのでした。

時々、寝ながら笑う娘。

いったいどんな夢をみているのだろう。。。

 

昨夜は、夫に注意をされたそうで、癇癪をおこして20分近く泣き叫んでいた娘。

数年前、イヤイヤ期のときに発見したこういうときの必殺技。

ギューッとおもいっきり強く抱きしめて「まいったか!」と言う。すると、娘は笑いだし、「まいってない」と涙でぐちゃぐちゃの顔をほころばせます。

でも昨日は、この必殺技をつかわず、様子をみてみました。

夫の苛立つ声にも、私の声にも、耳をかたむけようとはしない娘。

放置して、ヨガのDVDをつけて、やり始めてみると、泣き叫びながら乗っかってきます。 

DVDをとめて、なんとなく分かっているものの、改めて、娘と向き合い、理由と経緯をきいてみました。

泣きながら必死で説明する娘ですが、そこには、明らかに自分を正当化するための「嘘」がはいっていました。

こちらから聞きなおそうと口をひらいても、聞く耳をもとうとしないので、うんうん、とうなずいてきいてみるものの、どうにもひっかかる「嘘」。。。

22時半前、落ち着いた娘とベッドに移動し、いつものようにくっついて就寝。

娘は、ベッドに入ってからも、また同じ「嘘」を繰り返していました。

何度も伝えるうちに、「嘘」が「本当」になってほしい、そう思っているみたいに。

 

さて、そろそろ娘を起こす時間です。
f:id:asanoomusubi:20180215061904j:image