asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

年末に義母とキッチンに立つ

「田作り、レンジでやるといいってきいたのよー」

と、大晦日のキッチンで義母。

「いつもなんかべちゃっとなるのよ。

 レンジではどうするのかしらね?」

と言われたので、

「あっ、ちょっと調べてみますね」

と、ググる

『田作り 作り方』とだけ入れて、

あえて『レンジ』とは入れずに。

「レンジじゃなくて、

 普通にフライパンでやっていいですか?」

ときくと、

「はい、あなたの好きなようにして下さい」

と、ごちゃごちゃしたコンロを

ひとつ譲ってくれる。

とはいえ、お煮しめやらお蕎麦のだしで、

2つのコンロは忙しそう。

少しせかせかしながら、

弱火で煎って早めに切り上げる。

「はい、みりんこれ、お酒これ。

 その上に入れちゃえばいいから」

と、ごまめの入ったままのフライパンをみて

義母が渡してきたので、

「あっ、いったんお皿にあげてみていいですか」

と、軽く遮ってお皿にひろげてから、

空になったフライパンに

渡されたみりんと酒と砂糖と醤油を適当に入れ、

煮詰める。

ググッたくせにやっぱりレシピ通りに作れず、

レシピ通りに作れないくせに義母の指示も遮る。

私は義実家でも、どうにもねじくれている。

 

煮詰めてとろんとしたタレを

少々煎り具合が足りない気がしているごまめにかけると

タレの量が明らかにたりず、

あわてて作り足す。

またかける。からめる。口に放り込む。

うん、美味しい。

 

夕方、お節を何品かお皿に入れて

ご近所に届けに行った義母が

帰ってくるなり、

「あなたの田作り褒めてたわよ〜」

と嬉しそうに教えてくれる。

うちのお嫁さんはよく働くのよ〜

と、義母はご近所さんに言ってくれる。

「わぁ、嬉しい。

 火にかけてぶっかけただけですけどね」

と返す。

 

義実家では、大晦日の夜に、

お蕎麦とあわせて、準備したばかりのお節も食べる。

いちばん地味な田作りを、

闘病中で食の細くなった義父がぱくぱく食べ、

私が作るのをみてた娘が

気を使ってるのかぱくぱく食べる。

「これは買ったのかね。いい味だ」

と義父の母であるおばあちゃんが言い、

「あら、それasaちゃんが作ったんですよ」

と義母は言い、私に向かって、

「みんな美味しいって。

 来年からはasaちゃんに作ってもらおうかしらね」

と笑顔を向けてくれる。

「はい、喜んで」

と答えると、

「田作りは簡単だからね」

と義母。

「はい、とっても」

と私。

お蕎麦をすすったおばあちゃんが

「お出汁が美味しいね。これは誰がつくったんかね」

ときいてきたので、

「お義母さんです。

 お義母さんのお出汁は本当に美味しい」

とすかさず言う。

「こりゃ美味しいなぁ。なにで出汁をとってるの?」

とおばあちゃんがきき、

「イリコや鶏や昆布などです。

 そうですか、美味しいですか。

 あなたは?食べてる?どう?」

と義母は嬉しそうにみんなのお椀をのぞきこむ。

みんなが美味しい、美味しいと頷き、

夫が「汁足して」とお椀を差し出す。

嬉しそうに手をのばす義母を

「あっ、私ももう一杯いただきます。

 一緒にいれちゃいます」

と制し、立ち上がる。

「どんどん食べてね。

 明日のお雑煮もこのお汁だけど、

 いっぱい作ったからね」

と義母。

気前のいい義母は、大きな大きなお鍋に

大量の美味しい汁をつくってくれる。

たっぷりの骨付きの鶏肉に、

干し椎茸の戻し汁、牛蒡、金時人参

それに、昨年くらいから、茅乃舎のだしパックも。

茅乃舎のだしはやっぱり美味しくて、

義母はこっそり愛用している。

「本当にいい味だ。お蕎麦もこれも」

と、おばあちゃんがまた田作りを口に入れる。

「お義母さんのお出汁は、

 お蕎麦にもお雑煮にも最高ですよね」

とまた私がこたえ、

「また来年もasaちゃんに田作りお願いしようね。

 田作りは簡単だからね」

とまた義母がこたえる。

「田作りはさっとフライパンでできるからね」と。

・・・

可愛いなぁ。

嫌味でもなんでもなく、

おまけのようについてくる

最後のひと言を愛おしいなぁ、と思う。

 

ちょっとした嫉妬のような、おまけ。

いちいち言わなくても、

私が料理上手じゃないことも

お義母さんにかなわないことも

みんな分かっていることなのに。

口にしない方がスマートなのに

スマートになりきれない可愛い大人。

人はいくつになっても

誰かに小さな嫉妬をおぼえる。

その大半が意味のない、不要な感情なのに。

そう思うと、なんとなく安心する。

愛おしい可愛い嫉妬。

 

嫉妬は子どもじみた感情だと思っていたけど、

大人の世界にも

うじょうじょと渦巻いている。

捨て去ったはずの自分の中の嫉妬にもがき苦しんだり、

誰かの醜い嫉妬に疲弊したり、

ときに、可愛い嫉妬に笑みをこぼす。

 

姪っ子ちゃんのことを褒めると、

娘は、自分は?と必ず抱きつきにくる。

 

「でも、本当に美味しいわね、この田作り」

クックパッドだったかにお世話になった超簡単な田作りを

義母が、ちょんとつまんで口に入れる。

横顔を見ながら、美人だなぁと思う。

夫もお母さん似ならよかったのに……。

 

ひねくれた、ねじくれた私を

優しく受け入れてくれた義母たちを

義実家のみんなを、

私は実はとても愛おしく思っている。

 

親バカのまま新年を迎える

帰省直前、

まだ新年になる前の朝のことですが、

娘が黙々となにかつくっていると思ったら


f:id:asanoomusubi:20190101221559j:image

 

「すごい!これ作ってたの?」

と、思わず感嘆の声をあげました。

親バカですね^^

 

娘はこの春、小学生になります。

私は………少しは前に進めるかなぁ。。。

そもそも私にとっての前ってどこ?

って感じですが^^;

 

あけましておめでとうございます♡

義実家で和やかな空気を壊す

昨日より夫の実家に帰省しています。

新幹線は30分近く遅れて、

車内も自由席に座れなかった人であふれかえっていました。

 

夫はひとり大学時代の友人たちと飲み会があるとのことで、

最寄り駅まで荷物と私たちを送り届け、

そそくさと引き返していきました。

義父母とおばあちゃんと娘と食べる夕ごはん。

大好きな春巻きとミートボールを

いくつもいくつも食べ続ける娘と、

負けじとぱくぱく食べる私。。。

 

朝起きると、胃がもたれていました^^;

それでもしっかり朝食を食べてから、

今日は、毎年恒例のおもち作り。


f:id:asanoomusubi:20181230205229j:image

去年は食べるの専門だった娘ですが、

今年はちょこちょこ活躍しました。


f:id:asanoomusubi:20181230205304j:image

 

まるめながら、あんこ餅をぱくり。

 

つづけてお昼に、親戚とケータリングで忘年会。


f:id:asanoomusubi:20181230205521j:image

人数分以上の大量のお料理が届きました。

 

巨大エビフライに、大きな唐揚げ、串カツ……

たくさんの揚げ物に目を輝かせて、

食べ続ける娘。

 

食べても食べてもなくならず………

毎年わんさか余ります。

 

おなかが苦しいと

こたつで横になりつづける夫をたたき起こして、

夕方、窓の拭き掃除。

私は中から、夫は外から。

古びた窓を強引にあけると、

大量の埃が舞い上がりました。

夫が窓をふくのを見た義母が、

「まぁ、ありがとう」と感嘆の声をあげ、

たまたまやってきたご近所のおばさんもまた

「まぁ、えらいわね」と

夫に賞賛の声を残して行きました。

 

掃除で体を動かしても

やっぱりおなかがすかないなか、

余ったお鍋と揚げ物で夕ごはん。

誰も食欲がわかな……

いやいや娘をのぞいては。。。

またひたすら、余った串カツ、エビフライ、

肉団子の串刺しを

何本も何本も食べ続ける娘。

「気持ちいい食べっぷり。

 どんどん食べてね」

と箸がゆっくりとしか進まない大人たちが

娘の食欲を誉めたたえ、

娘はフードファイターのごとく

燃えつづけます。

………

「もうやめときなさい。

 揚げ物しか食べてないやん」

と、充分見守りつづけたあと、止めにはいると、

「いいじゃない、好きなだけ食べたら」

と、義父。

「いえ。野菜を全く食べず、揚げ物ばかり食べてると、

 この子ひどい便秘になるんです」

と言い放ち、娘をみると、

娘は目に涙をいっぱいためていました。

しゃくりあげて泣き始める娘と、

あわててなぐさめる大人たち。

 

・・・。

 

義実家にはたくさんの食べものがあふれかえっています。

私たちを喜ばそうと用意してくれてるものから、

食べきれずに賞味期限を切らしたまま眠っているもの、

買いすぎて使いきれずに捨ててしまうものも

いっぱいあります。

冷蔵庫の中はうちとは正反対^^;

それは確かにとても魅力的で、

わくわくもするし、

豪快でおおらかで大好きです。

それでもいつも帰省の度に

どうしても気になってしまいます。

もったいなぁという気持ち。

娘のとめどない食欲とその後の厄介な便秘。

ま、食欲に関しては、

実は娘のことを言えない私で、

いつもしっかり調子をくずして帰るのですが…

だからこそ更に気になってしまうのかな。

 

今日の夕ごはんは娘の涙で終宴。。。

 

お風呂の中で、

「ママさっきはごめんな」

と笑顔であやまってくる娘に

「こちらこそごめんね」

と謝罪し、明日の朝食は何たべる?

とさっそくまた食べものの話^^;

 

今朝5時過ぎに起きてきて、

ひたすらフードファイターをし続けた娘は、

もうぐっすり眠っています。

そして窓拭きで賞賛を浴びた夫もまた

もうぐっすり眠っています。

 

さてさて、明日はおせちの準備です。

いつも味見がとまらない……という……

やれやれ。

保育園年長のプレゼントと勉強事情 子どもの好きを尊重する

私より2日早く休暇にはいった夫に、
娘と一緒にクリスマスツリーを片付けておいて
とお願いしていました。
一昨日仕事から帰ると、
中途半端に半分箱からはみだしたツリーを放り出して、
2人はトランプをしていました。
「仕舞い方が分からんかった」と夫。

きぃーっ・・・
となりそうなのをぐっとこらえて、
無言で、朝に仕込んでおいた鍋に火をかけました。

19時過ぎ、どこかぎくしゃくと
3人で鍋を囲む。。。

クリスマスツリーがなくなったリビングは
すーすーしています。


f:id:asanoomusubi:20181228194831j:image

立てかけられた世界地図と
足のこわれた地球儀がポツンと。

 

世界地図は、去年のサンタクロースからのプレゼントです。
マグネット式のパズル。

 

  

 

実は私は、どこにどんな国があるのか
ちっとも知らないまま大人になってしまい、
今でもおぼえようと試みたりはするのですが、
頭にはいってきません。
日本国内もあやしいほど、ひどく無知です。
学び方が分からないまま、
勉強らしき勉強をしてこなかった私は、
大人になった今でも学び方が分かりません。

娘には、せっかくだから遊びながら
いろんなことを吸収してほしいなと、
私の独断で選んだ世界地図のパズル。

娘の反応は・・・
おまけでつけたプリキュアシールの方が
よっぽど嬉しかったようです。

おしつけのような
ひどく淋しいプレゼントになってしまいました。

とはいえ、このパズル、
家族で時々やっています。
「ハワイとオーストラリアやるー」
とか、お気に入りのピースを取り合いながら。
壁からかけられるのですが、
さらっとかけるにはやや重すぎる。
賃貸マンションで、
壁に穴をあけるのを避けている我が家では、
結局どさっと立てかけています。
我が家のリビングによく馴染んでいる、
と思っています。

かわって今年のサンタクロースは、
おしゃれ大好き・作るの大好きな娘にぴったりの品。
事前に私から薦めはしたものの、
娘も納得してサンタさんに手紙を書いていました。

Fun Loom PLUS(ファンルームプラス)
アクセサリーキットです。

 

娘はとても気に入ったようで、
その日のうちに
10個近いアクセサリーを作っていました。
翌日からも夜寝る前にささっと出してきては、
またひとつ、ひとつ、と。
どんどん増えていくアクセサリー。

プラスチックのつんつんしたものに
プラスチックの棒がついていて、
色のついた輪ゴムがわんさか。
箱から出てきたものを見たとき
え?これだけ?なんかちょっと・・・と
内心思ってしまったのは私だけでした。
娘の反応は正反対で、目を輝かせて、
作り方をきいてきました。
説明書をろくに読めない私は
そそくさとキッチンへ逃げ、
夫にゆだねました・・・。

重さも大きさも見映えもお値段も、
世界地図パズルよりずっとコンパクトだけど、
『好きなこと』にマッチしたものは、
その何倍も大きな価値があります。

夢中でアクセサリーをつくる
娘の横顔をみながら、
好きを尊重できる母でありたいと、
改めて思いました。

とはいっても、
娘も次の春には小学生。
好きだけで生きていける世界ではないような。。。

今、娘には勉強をするという習慣がありません。
習い事もしていません。

休日にほんの少し、
平仮名と片仮名、
簡単な計算をやらせてみたりもするのですが、
明らかに顔をくもらせる娘と、
どうしてもイライラしてしまう私。
他人事のような顔をしている夫に
計算を教えてあげてとお願いするのですが、
私以上にイライラする夫。
その沸点の低さときたらひどい!
明らかに私と夫のイライラが、
娘の勉強嫌いを加速させています。

習い事の見学や体験にも
いくつか連れていき、
実際に月2回だけのバレエ教室に
通わせたこともあるのですが、
生徒数が少なかったため閉校が決まり
それと共に娘は、
それはそれは晴れやかな顔で
バレエを卒業してしまいました。

習いたいと言ったのは娘だったけど、

ひらひらの衣装をちらつかせ仕向けたのは私だったような。


その後、何を薦めても顔を曇らせるばかり。

子どもチャレンジENGLISHを
年少の頃だったか
1年ほどとったことがあります。
こちらも届いたときに
がちゃーっと広げるだけで、
ちっとも活用できませんでした。
一緒に遊んであげられたらよかったのだけど、
私には、そしてももちろん夫にも、
それができず。
活用しきれずに増えていくおもちゃ。
見ているだけで、胸が痛くなりました・・・ウッ・・・

もやもやするなかで目にとびこんできたのが
がっちゃん (id:gu-gu-life) さんの記事。

www.gu-gu-life.com


がっちゃんさんのおうちは
毎日絵本タイムのある早寝早起きの生活、
それだけで充分すぎるほど素晴らしい!
うちは遅寝早起き。
絵本も毎日一緒に読むのは難しく、
週に3回ほどそれも1日1冊だけです。
思わずコメントしたくなったのですが、
なぜかできず、翌日も訪れ、
寄せられていたたくさんのコメントを
じっくり拝読してしまいました。
参考になりました。
がっちゃんさん、ありがとうございます。


娘の好きなものへの集中力は
目を見張るものがあります。
好きなことがなく、
なんの取り柄もなく、
いつも途方にくれていた私とは正反対。
今は、その『好き』を尊重しながら、
それでもやっぱり週末にはほんの少し、
時々反対向きになる平仮名と
まだまだ覚束ない片仮名と、

たま〜にこんなのも

f:id:asanoomusubi:20181228214236j:image

やっていけたらなと思います。

 

そして、数々の大好きをさしおいても
娘が何より好きなのは、
どうやら『ママ』らしく。
どんなに忙しい平日の夜も
少しでも娘と向き合えるように、
できるだけ一緒に絵本を読む時間をもちたいな
と思います。

素敵な絵本を娘と読むと
私もほっと安らぐので、
一石二鳥です^^

なんだかおそろしくダラダラとした長文を書いてしまいました。
自分で読み返そうとすると、めまいが!

 

ちなみに、今年のサンタクロースからのプレゼント。
もうひとつおまけが。
小さなプリンセスソフィアの絵合わせトランプ。
ツリーを放ったらかして
2人が広げていたトランプです♪

上機嫌の猛特訓を試みる

一昨日、湯船の中で、

「パパが、ママはきぃーて怒るって言ってた。

 パパがそんなん言うの、嫌やねん」

と娘。

・・・(苦笑)

確かに、きぃーって怒ってるよね、私。

それを夫が私のいないところで

自分に言ってくることが嫌だと言う娘。

うんうん、分かる。よく分かる。そりゃそうだ。

夫よ、言いたいことがあるなら娘にじゃなく、

正々堂々と私に言いやがれ!

だいたい、私のきぃーより、

あなたのむすーっドカーン(←頻繁)

の方がよっぽどひどいからね!

(と、常日頃から本人に伝えている・・・)

 

『上機嫌の猛特訓をする』

というタイトルの長文が、

下書き記事に保存されています。

どうも気分がのっていたようで、

それはそれは軽やかに、気持ちよさそうに、

そのメリットや取り組み具合を

書き連ねていた数ヶ月前の私。

『子どもの不機嫌はすぐに上機嫌で上書きされる。 

 でも、大人はそうもいかない』

と、数カ月前の私がえらそうに言っていて、

『上機嫌は伝染する!』

と、数カ月前の私が事例をだして証明しています。

・・・

やれやれ。

その下書き記事は削除するとして、

でもせっかくだから、 

上機嫌の特訓……

もう一度かる〜くはじめてみようかな。

 

もうとっくにクリスマスイヴは過ぎたのに、

まだ寝る前に娘と読んでいる絵本

『12月24日 黒井健』

この白いのはギフト版だそうです。

今うちにあるのは、図書館で借りてきた黒い表紙のもの。

24日大仕事を前にしても、

サンタさんは静かに、おだやかに、淡々と過ごしています。

スープをコトコト煮て、ベーコンはじっくり焼き、

お昼寝もして。

ページをめくっていると、

不思議と心がしーんと落ち着いてくる。

時間と雑事と雑念に追われるように暮らしているけど、

自分を必要以上に追いつめているのは

私自身なのかもしれません。

 

さてさて、今日で仕事納め。

明日より夫の実家に帰省します。

 

残したかったものに気づく

クリスマスイヴ、
一日早いサンタクロースからのプレゼントに
夢中になっていた娘。
今年はささやかなプレゼントが2つ。
わざわざ並べて写真に撮りました。
 
夜には骨付きチキンを3人分焼いて、
目を輝かせてとびかかっていく
食いしん坊娘にストップをかけ、
嬉々として写真に撮りました。
 
で、浮き足立った気持ちで
ブログにUPしようとして・・・・
ふと、なぜか手がとまりました。
 
とても楽しかったクリスマスイヴ。
載せたい写真はしっかりあって、
かきたいこともいっぱいあるはずなのに。
 
3連休最終日だったその日、
満ち足りたのは、がっつり娘と向き合えたから。
焦らずに、急かさずに、
一緒にプレゼントのカードゲームで遊んで、
一緒に公園でかくれんぼをして、
一緒にニトリに行って買い物ついでにあれこれ見て、
一緒にお気に入りの絵本を読んで、電気を消して、
ぐっすりぐっすり眠れた夜。
 
クリスマスイヴがどうとか…関係ないな。
 
本当にここに残したかったのは、
ふたつキレイに並んだプレゼントでも、
みっつガツンと並んだチキンでもなく…

f:id:asanoomusubi:20181226214423j:image
 
朝、キッチンから見た他愛もない光景が
じーんと胸に沁みたそのことを
私はきっとここにかきたかったのだなぁと
気がつきました。
 
 
ま、じーんとしたのも束の間で、
クリスマスが過ぎ去ると再び、この左側の人は
ただのロクデナシ夫にしか見えなくなったのですが……。